ランニング

ダニエルズのランニング・フォーミュラに学ぶ優先すべきレンニングトレーニングの順番

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

4月に入ってからいろいろ思うところあって、当ブログの更新が全く途絶えてしまっていましたが、今日より投稿を再開していきます!

さて前回の記事で書かせていただきましたが、今年度のセカンドウィンド四日市ではリディアード理論に加えて、ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版をベースに、練習メニューを組み立てていこうと思っています。

そして前回の記事ではそんなダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版では、5つのタイプのランニングトレーニングが紹介されているのですが、レースに向けての4つのフェーズに区分けして、5つのトレーニングのうち優先していくべきトレーニングがあると書かれています。

そこで今回の記事ではその4つのフェーズに分けて、優先すべきトレーニングについて見ていきたいと思います。

フェーズ1・・・基礎養成期

レースに向けてまず最初に取り組んでいくべきは、やはり基礎の強化。

そして故障しない身体を作っていくことが重要となります。

そこでフェーズ1で最優先すべきトレーニングは、イージーランニング(ジョグやロング走(ジョグペースで長い時間走る))を中心とした基礎練習。

さらにウィンドスプリントをジョグに追加、さらに補強トレーニングや動的ストレッチを、時折行うようにします。

フェーズ2・・・スピード強化期

そして基礎を十分養成した段階から取り組むべきは、スピードの強化。

そこでフェーズ2ではスピードを強化するためにもっとも適したレペティショントレーニングを中心に練習を進め、フェーズ1から新たな負荷としてスピードだけをプラスするようにします。

またロング走はこのフェーズ2でも継続し、ジョグもレペティションとレペティションの間にはさむようにします。

フェーズ3・・・有酸素能力強化期

そしてスピードを強化した後に取り組むのが、有酸素能力の強化。

そこでフェーズ3では有酸素能力をはかる数値としてよく知られる最大酸素摂取量を強化する練習であるインターバルトレーニングを中心に、フェーズ2から新たな負荷として有酸素性システムへの刺激をプラスします。

この時期においてもロング走は継続していきます。

フェーズ4・・・LT値強化期

そしてレースも迫った最終フェーズでは、余裕を持って走れるペースを底上げするために重要なLT値の強化。

そこでフェーズ4ではLT値を強化するためにもっとも効果的とされる閾値ランニング。

さらに閾値ランニングの最後にレペティションを何本か行うと、身体のキレを出すことができます。

またこの時期においてもロング走は継続していきます。

2冊の世界的名著の内容を踏まえつつ新たな理論構築を目指していきます

上記のようにレースに向けたトレーニングとしては、イージーランニング→レペティション→インターバル→閾値走の順にメニューの優先度を高めていくようダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版には書かれています。

ただ市民ランナーの場合、またフルマラソンレースに向かっていくうえでは、私自身この通りにやっていく事にどうも疑問を感じているところもあります。

そこで今年度のセカンドウィンド四日市ではダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版そしてリディアード理論の基礎となる部分は十分に踏まえつつも、5月からは独自の経験や考え方に基づき、私自身で新たな理論を構築していこうと考えています!!

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 3,602

関連記事

  1. 1000mX10〜15本・ロングインターバル走
  2. 暑い雨の日にトラック練習がおすすめな5つの理由
  3. 脂肪を効率よく燃焼するために30分は走りたい(身体を動かし続けた…
  4. ランニングシューズを試し履きする際に注意したい3つのポイント
  5. セカンドウィンド四日市で実施の「インターバル」と「クルーズインタ…
  6. ロング走はこんな方におすすめのメニュー
  7. クロカン(クロスカントリー)走で得られる4つの練習メリット
  8. ランニングの基礎中の基礎・立つ姿勢をつくる「4つ」のポイント

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP