秋〜年末のレースに向けてのシーズン別強化目標(改正版)

Featured Video Play Icon

「春の主要レースもひと段落して、今後は秋のレースに向けて計画を立てようと思っているけど、いまいち立て方がわからない・・・」という方はいらっしゃいませんか?

それはセカンドウィンド四日市も土曜で5月からは、秋〜年末のマラソンレースに向けたトレーニングをスタートしていく事となります。

チームでスケジュールを作る際に最も重要視しているのが、シーズンごとに強化すべき能力をある程度絞り込んで、メリハリをつけた練習をおこなっていく事。

そこで今回の記事では、修正後の秋〜年末レースに向けてのシーズン別強化スケジュールについて、紹介していきたいと思います!

フェーズ1 基礎の土台作り期

まず4月後半から6月の前半までの時期をフェーズ1に設定して、メンバーの皆さんの走りの土台作りを進めていきます。

重点的に実施していく練習内容としましては、平日練習では短い距離・本数を速いペースで走る「ショートインターバル」でスピードを強化。

また週末はペースに変化を加えながら、比較的長い時間を走る「変化走」メインで、メンバーの皆さんのスタミナの土台作りを行っていきます。

フェーズ2 フォーム改善期

そして6月後半から8月の前半にかけては、レースからしばらく遠ざかる夏場の時期だからこそ行っておきたい、フォーム改善に向けて本格的に取り組んでいきます。

重点的に実施していく練習内容としましては、平日練習では効率の良い走りを得るために有効と言われるかなり速いペースで走る「レペティション」がメイン。

また週末は暑さを避けるべく、木陰の多い坂道や不整地コースを利用しての「起伏走」や「不整地走」にて、アップダウンに強い走り作りを行っていきます。

フェーズ3 実戦力強化期

そして秋のレースも近く8月後半から10月前半にかけては、レース本番でのきつい局面でも力強く走るために、4つのフェーズの中で最もハードな練習を行っていきます。

重点的に実施していく練習内容としましては、平日練習では有酸素運動能力の目安と言われる最大酸素摂取量を強化するのに効果的と言われるインターバルがメイン。

また週末はレース本番での目標ペースを意識しながら、比較的長い距離を走り続ける「距離走」をメインに、フルマラソンでの後半を乗り切るためのスタミナを身につけていきます。

フェーズ4 最終調整期

そして秋のレースシーズンに突入する10月後半から年末にかけては、レース本番を万全のコンディションで迎えるため、より本番でのレースペースを意識した練習を行っていきます。

重点的に実施していく練習内容としましては、平日練習では長い時間、比較的速いペースを維持して走り続けるうえで大切なLTペースをアップするための「ペース走」がメイン。

また週末はレース本番でのペースを身体に染み込ませるために、10〜20キロ前後の距離を目標ペースを維持して走り続ける「レースペース走」をメインに、最終レースに向けた調整を行っていきます。

無理なく・段階を踏んで・着実に

セカンドウィンド四日市ではメンバーの皆さんがそれぞれの目標を達成していただくために、無理なく段階を踏んで着実に走力アップできるメニュー作りを行っていきます。

また同時に故障やトラブル予防に向けた取り組みも、5月からは本格的に取り組んでいく予定なのですが、その内容については後日別の記事にて紹介していきたいと思います!!

Comments

comments

コメントを残す