「暑くなってきたので、日陰の多いコースを走りたい」「いつも同じ周回コースを走っているので、たまには変化に富んだコースを走りたい」とお考えの方は多いのでは?

これから夏場に向かっていきどんどん暑くなっていく中で、しかも主要レースからしばらく遠ざかる今からの時期にオススメなのが、木々の自然に囲まれた不整地を走るクロカン走。

四日市市にもクロカン走的に走れるコースが、いくつかありますが、セカンドウィンド四日市でこれからの時期、クロカンのメインコースとして考えているのが南部丘陵公園北ゾーンです。

セカンドウィンド四日市メンバーの方に作っていただいた南部丘陵北ゾーンのクロカンコース、そのオススメのポイントは下記の3点です。

1.景色・地形の変化に富んで飽きずに走れる

南部丘陵公園北ゾーンクロカンコースの一番の特徴は、階段道から芝生道などとにかく景色・地形の変化に富んでいる事。

2.5キロと結構長めのコースなのですが、景色の変化に富んだコースのおかげで、飽きずに長時間走り続けることができます。

また地形の変化に富んでいるおかげで、普段使わないような筋肉にも刺激を入れられ、バランスよく脚筋や体幹全体を強化することができます。

2.程よいアップダウン

南部丘陵公園北ゾーンは起伏の多い公園で、クロカンコースとして設定しているルートの途中にも、多くのアップダウンがあります。

そのアップダウン、1箇所だけかなりきつい上り坂がありますが、他の坂道は程よい傾斜の坂道ばかりで、無理なく心肺にほどよい刺激を与えてくれます!

3.木陰が結構多い

夏場の時期の大敵といえば、やはりきつい日差し。

そんな日差しを遮ってくれる木陰が多いのも、この南部丘陵公園北ゾーンクロカンコースの特徴です。

途中フラットな地形のところで日差しが強いところもありますが、アップダウンのある箇所は比較的木陰が多く、暑い時期でも走りやすいコースと言えます!

怪我には注意が必要

そんなこれから暑くなる時期にかなりオススメな南部丘陵公園北ゾーンクロカンコースですが、木の根っこなどの障害物も結構あり、転倒や捻挫などのリスクも結構あります。

特に不整地を走るのに慣れていない方は、コースに慣れるまでは、足元に十分注意して走る必要があります。

SW四日市では土曜練習会を中心に活用

そんな怪我のリスクはあるものの、飽きずに走れ、バランス良く、効率よく走力アップにつなげられる南部丘陵公園北ゾーンクロカンコース。

セカンドウィンド四日市ではスタミナ強化を主な目的に実施している土曜練習会を中心に、このコースを活用させていただいています。

特にこれからどんどん気温が高くなっていく中で、木陰が多いこのコースはかなりの魅力という事で、夏場のスタミナ強化のメインコースとして活用していこうと考えています!!

 

南部丘陵公園・北ゾーンマップ

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事