• 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日

「秋のマラソンレースまでまだだいぶ時間のある今の時期、何を強化していっていいかよくわからない」そのようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

ここ最近は涼しい日が続くものの、これからどんどん気温が上がっていく今の時期は、マラソン練習には少し酷なシーズンです。

そんな気温が高くなっていく今の時期こそ強化したい能力の一つが「ランニングエコノミー」です。

ランニングエコノミーとは

ランニングエコノミー(経済性)とは、ランニングの効率性のこと、

このランニングエコノミー(経済性)により、一定の酸素消費量でどれだけ走れるかが決まり、少ない酸素消費量で速く走れれば走れるほど「経済的的な走りができている」という事になります。

つまりこのランニングエコノミーが高いほど、効率的な走りができているという事になります。

ランニングエコノミーを左右する要因

ランニングエコノミーを左右する要因としては、アドバンスト・マラソントレーニングによると「速筋線維と遅筋線維の割合」、「バイオメカニクス的な諸条件の相互作用」そして走歴であると考えられているそうです。

その中でセカンドウィンド四日市がランニングエコノミーを向上させるために一番重視しているのが、「バイオメカニクス的な諸条件の相互作用」です。

ランニングエコノミー向上に効果的な練習方法

「バイオメカニクス的な諸条件の相互作用」のバイオメカニクス条件としては、「骨盤の広さ」や「足の大きさ」などの体格的な特徴があります。

セカンドウィンド四日市では、その体格的な特徴それぞれを最も活かした走りを身につける事が、ランニングエコノミーを向上するための大きな鍵と考えています。

そんな走りを身につけるのに、最も適したトレーニングと言われているのがレペティション。

レペティションは短い距離を速く走る練習ですが、この時にリラックスしたフォームで、無理のないストライドで走ると、無駄な動きが少なくなり、ランニングエコノミー向上につながります。

楽に速く走るために

「楽に速く走りたい」

これはマラソンランナーであれば、誰もが望む走りだと思います。

そんな走りを身につけ、効率的に長い距離を走り続けるために重要な位置付けにあるランニングエコノミーは夏場の時期にこそ強化しておきたい能力。

・・・という事でセカンドウィンド四日市では夏場の練習に積極的にレペティションを取り入れ、メンバーの皆さんのランニングエコノミー向上につなげていきたいと思っています!!

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 457,451
スポンサードリンク




関連キーワード
ランニングの関連記事
  • (会員限定)Tランニング・1kmクルーズインターバルのペース目安
  • フルマラソンで結果を出すためのスピード練習「クルーズインターバル」
  • フルマラソンに向けて一度は実施したい「40kmLSD」の練習効果
  • (会員限定)Iランニング・400mインターバルのペース目安
  • スピードと最大酸素摂取量向上などの重要な効果が見込める400mインターバル
  • ランニングでの着地はミッドフッド着地が正解?
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事