気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?

今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度が高い日が続いています。

湿度の高すぎる天候は、ある意味気温が上がりすぎた日よりも厄介で、走っていても本当にペースが上がってきません。

それどころか身体に熱がこもる熱中症のリスクも高くなり、最悪生命の危険にもなりかねません。

湿度の高い日に走るのがきつい理由

夏場のランニングで上昇してしまう体温を、冷ます働きがあるのが汗。

湿度が低い日だと、かいた汗は蒸発し、気化されます。

この蒸発の際には皮膚表面の熱が使われ、そのおかげで体温が下げられるのですが、実は夏場のランニングはこれが大きな救いとなります。

一方湿度が高い日は、汗がなかなか蒸発しないため、体温も下がってくれません。

この汗が蒸発しない事により、身体の中に熱がこもり、オーバーヒート状態になってしまう事が、ランニングの大きな妨げになっています・・・

湿度の高い日のランニングでの対策は?

夏場の暑さ対策といえば、まず思い浮かぶのが給水。

・・・ですが湿度の高い日の一番の問題は、汗が蒸発しない事であると考えると、給水だけでランニングで体内にこもった熱を冷ますのは少し無理があります。

そこで給水以外に下記対策が必要となってきます。

①熱がこもりやすい部位を直接冷やす

給水による熱を冷ます効果が限定的なら、直接熱のこもりやすい場所を冷やすしかありません。

・・・という事で湿度の高い日は、走っている最中でも冷えた水をかけたり、アイシングをするなどで、身体にこもった熱を直に冷ます意識も必要になってきます。

②頻繁に汗をぬぐうようにする

蒸発しない汗は、皮膚にバリアをはるような形となり、熱を奪ってくれません。

そこで湿度の高い日はタオル(冷えたものだとよりよい)などを用意して、給水時などに頻繁に皮膚にまとわりつく汗を拭うようにしましょう。

 

③服装にも気を使う

蒸発しない素材のウェアは、さらに身体の熱をこもりやすくしてしまいます。

そこで湿度の高い日は特に吸湿性、通気性の良い素材のものを選ぶよう心がけてください。

また帽子も夏場のランニングでは必須と言えます。

湿度の高い日のランニングは万全の準備で

湿度の高い日のランニングはかなりリスクが高く、やめておいた方がいい・・・というのが実際のところだったりします。

ただマラソンでは練習を継続することが何より大切で、夏場も練習を継続させるには、湿度の高い日のランニングも避けて通ることはできません。

・・・とは言っても無理な練習をして身体を壊してしまっては、練習の継続もできなくなってしまうため、湿度の高い日は万全の熱中症対策をもって走るよう心がけてください!

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事