ランニングシューズは正しく履くこともかなり重要

足にあったランニングシューズのサイズを選ぶことは、ランニングのパフォーマンスを向上させる意味でも、故障を予防するためにもかなり重要。

・・・という事を先日の正しいランニングシューズのサイズを選ぶための試着時にまず気をつけたい事の記事で書かせていただきました。

ただせっかく足にあったランニングシューズを選ぶことができても、履き方を間違ってしまっては、結局ランニングシューズを足にフィットさせる事はできません。

ランニングシューズを足にフィットさせるために最も大切な事

足にランニングシューズをフィットさせられるようにランニングシューズを履くために、何より意識したいのは「かかとで履く」意識を持つ事。

ランニングシューズはかかとを基準に設計されているため、かかとをシューズに固定させることができなければ、正しく履く事は絶対にできません。

実際のところ市民ランナーの多くの方は、つまさきや甲が窮屈でないかを優先してランニングシューズを履いているのが現実。

ただ実際のところ、かかとにランニングシューズをぴったり合わせて固定させる、このことを「ヒールロック」と言いますが、このヒールロックがランニングシューズを足にフィットさせる一番のポイントとなります。

ランニングシューズを正しく履くためのポイント

ランニングシューズを履く際は、シューズを足に入れて、つま先を上げ、かかとを立てて、トントンと軽く地面を叩きます。

このかかとを立てている時に足の親指少し力を入れると、親指の太い腱が浮き上がり、盛り上がることで、足の甲の太い血管を左右にずらしてくれます。

するとシューズの紐をきっちり締めても、足の甲の痛みや圧迫感が生じにくくなり、より足にフィットさせる形でランニングシューズを履くことが可能になります。

多少面倒でもヒールロックを習慣づけよう!

一方地面にシューズを置き、足を入れて、ひもを締めて履くだけでは、足のアーチは崩れてしまいます。

足のアーチが崩れると、足により大きな着地衝撃がかかりやすくなります。

さらにシューズを地面に置いたままでランニングシューズを履くと、足の甲を支点にひもを締めることになり、足の甲に負担が集中しやすく、痛みを感じやすくなります。

つまりヒールロックを怠ると、着地衝撃をもろに受けやすくなって、故障リスクが大きくなるうえ、足の甲も痛めやすくなってと、せっかくいいランニングシューズを履いても台無しにしてしまうことになります。

時間がないときはつい適当に履いてしまいがちで、つい怠りがちなヒールロック。

・・・ですがこのヒールカウンターを毎回の練習の習慣にできれば、よりランニングシューズの性能を発揮させることができ、さらなるパフォーマンスの向上および故障予防につなげる事ができます。

ぜひランニングシューズを履くときは、ヒールロックを日々の習慣にしてみて下さい!

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさい
野村 憲男
日東書院本社
売り上げランキング: 334,779

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事