ランニング

バランスよく走力アップするために知っておきたい「ランニングメニューの5つのタイプ」

バランスよく走力をアップするためのタイプ分け

マラソンはシンプルなようで、かなり奥が深いスポーツ。

フルマラソンで目標を達成するためには、同じ練習をひたすら繰り返すだけでは、思ったほど走力アップにつながっていきません。

そこでスピードを上げて走ったり、長い距離を走ったりと、いろいろなバリエーションのメニューを取り入れていく必要があるのですが、セカンドウィンド四日市ではダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版を参考に、練習メニューを5つのタイプに分けて練習を実施していきます。

5つのランニングメニュー区分

セカンドウィンド四日市では走るペースや練習目的に応じて、ランニングメニューを5つのタイプに分けていきます。

1.B(Base Make)ラン・・・土台づくりラン

マラソントレーニングの全ての土台となり、5つのタイプの中で最も実施頻度が高いのがBラン。

このBランは会話ができる余裕あるペースで走る練習で、メニューとしてはジョギングやロング走(1時間半以上走る練習)などがあります。

主な練習目的としてはスタミナの土台となる身体作りなどがあります。

Bランに関連する記事はこちら

2.M(Marathon Pace)ラン・・・マラソンペースラン

Mランはその名のとおり、フルマラソンの目標ペースで走る練習で、レースが近づけば近づくほど重要度が増してきます。

このMランはジョギングよりは速いけど、テンポ走やインターバルほど速くはないペースで走る練習で、メニューとしては距離走などがあります。

主な練習目的としてはスタミナの土台となる身体作りなどがあります。

Mランに関連する記事はこちら

3.T(Threshold)ラン・・・閾値(いきち)ラン

Tランは多くの市民ランナーが苦手とするものの、レースに向けての実戦的な能力を身につけるためにかなり重要です。

このTランはフルマラソンやハーフマラソンの目標ペースよりは速く、インターバルほどは速くないペースで走る練習で、メニューとしてはテンポ走(ペース走)やクルーズインターバルなどがあります。

主な練習目的としては乳酸をエネルギーに変換する能力の向上などがあります。

Tランに関連する記事はこちら

4.I(Interval)ラン・・・インターバルラン

Iランは5つのタイプの中で最もきついと感じる方が多いものの、短い時間で大きな効果が見込める高効率メニューです。

このIランは全力の8〜9割前後のかなり速いペースで走る練習で、メニューはそのままインターバル走です・・・

主な練習目的としてはより多くの酸素を身体に取り込み、エネルギーに変換する能力の向上などがあります。

Iランに関連する記事はこちら

5.S(Speed)ラン・・・スピードラン

Sランはスピード強化やランニングフォームの改善など、他のメニューに比べると短距離走的な要素の高い練習です。

このSランは全力に近いペースで走る、もしくはかなり大きな動きでのドリル等を繰り返す練習で、メニューとしてはレペティションやヒルトレーニングなどがあります。

主な練習目的としては効率よく走れるフォームづくりなどがあります。

Sランに関する記事はこちら

5つのタイプをバランスよく実施するのがいいのですが・・・

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版によると、日常の練習ではこの5つのタイプのメニューを、満遍なく実施していくのがベスト。

・・・ではあるのですが、この5つのメニューを満遍なく実施するのは市民ランナーにとってはかなりきつく、故障や疲労蓄積の大きな要因ともなりかねません。

特に身体に大きな負荷のかかるTラン・Iラン・Sランについては、市民ランナーの皆さんの場合、週に1回、多くても週2回に留めておいた方が無難です。

そこで目標レースのタイミングに応じて、特にTラン・Iラン・Sランの3つについては優先順位を決めていく必要があるのですが、その決め方については後日別の記事にしたいと思います。

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 5,449

 

多田 夏彦

多田 夏彦

投稿者の記事一覧

セカンドウィンド四日市代表。
自身のフルマラソン自己ベスト2時間45分39秒の更新を目指すとともに、チームの運営及び、ランニングコーチとしてメンバーの皆さんの指導にあたっています。

個人ブログはこちら

関連記事

  1. オーダーメードのランニングシューズをお勧めするのはこんなランナー…
  2. 身体全体を大きく使った走りを身につけるための200mインターバル…
  3. 名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法
  4. 無酸素トレーニングがマラソンにおいて期待できる効果は?
  5. 四日市で30キロ走を実施するのにおススメな主要3コース
  6. リディアード式トレーニングにおけるクロスカントリー実施時のポイン…
  7. ビルドアップ走で得られる4つの練習効果
  8. (会員限定)フルマラソン目標ゴールタイム別・5000mタイムトラ…

SWYからのお知らせ

最新記事

マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?

レースが近づけば近づくほど、どんな練習をしていいか分からない・・・マラソンレースが近づけば近づくほど…

11月25日(土)開催・四日市市市制120周年記念 四日市リレーマラソンに参加しませんか?

大阪マラソンの前日となる11月25日(土)、霞ヶ浦緑地公園四日市ドームをメイン会場に開催される、三重…

10月21日(土)の練習会場所を伊坂ダム周回コースに変更します

セカンドウィンド四日市にて10月21日(土)に実施予定の練習会、当初の予定では南部丘陵公園北ゾーンで…

頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?

日曜日のマラソンレース出場やきつい練習を実施した方が、火曜日ごろにやってくるのが筋肉痛。筋肉…

10月22日(日)霞埠頭3km周回コースにて30km走を実施します

10月も早いもので半ばを過ぎ、これから多くのセカンドウィンド四日市メンバーの方が、フルマラソンに挑戦…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP