ランニング

最重要エネルギー源・グリコーゲンを溜め込める身体をつくるための練習法とは?

フルを制するためにグリコーゲンを貯め込める身体作りを

フルマラソンで必要不可欠な役割を担うエネルギー源がグリコーゲン(=糖質)。

ただしグリコーゲンは身体の中で貯蔵できる量が限られていて、フルマラソンのような長い距離を走っていると途中で枯渇してしまいます。

グリコーゲンが枯渇してしまうと、その後の失速は避けられず、最悪走ることすら困難な状況になってしまいます。

そこで少しでも多くのグリコーゲンを貯蔵できる身体づくりを行っていく事が、フルマラソンで結果を出すためにはかなり重要となってきます。

そんなグリコーゲンを多く貯蔵できる身体をつくるために最も効果的なのが、グリコーゲンを使い果たすような練習を実施する事だという事を先日の記事で書かせていただきました。

フルマラソンでの失速の大きな要因となる「グリコーゲン」に関する話

グリコーゲンを使い果たすような練習とは?

グリコーゲンが枯渇した状態で走り続けていると、身体には大きな負荷がかかります。

その刺激が結果的に、グリコーゲンをより貯蔵できる身体づくりにつながるのですが、あまり刺激がきつすぎると、疲労を長く残してしまったり、体調を崩す要因となってしまいます。

そこでグリコーゲンを使い果たす事を目的とする練習メニューとしては、ある程度の余裕のあるペースで長い距離を走り続けるロング走が一番のオススメ。

このロング走であれば、身体に急激な刺激が入ることはないので、無理なくグリコーゲンを枯渇させていく事ができます。

また長い距離を走る時間がない・・・という方には、少しきつめのインターバル走がオススメ。

特に通常のインターバルよりペースは少し抑えめ、その分長めの距離を走る「クルーズインターバル」が、無理なくグリコーゲンを枯渇させるという意味ではオススメと言えます。

2日連続でグリコーゲン枯渇練習はNGですが・・・

グリコーゲンを枯渇させるような練習は、身体に大きなダメージを与えます。

そしてグリコーゲンを一度枯渇させると、もう一度完全にグリコーゲンを補充させるまでに24〜48時間かかると言われていて、完全に補充されていない状態で走ってもたいした練習効果は見込めません。

そのため2日連続でグリコーゲンを枯渇させるような練習を組み入れることは、基本NGと言われています。

ただし練習後のグリコーゲンの補充方法について、いくつかのポイントを抑えておくと、通常より速やかにグリコーゲン補充を行う事ができるようになります。

そしてグリコーゲンを枯渇させるようなきつい練習の頻度を増やすことも可能になり、よりレースに向けて充実した練習を実施できるようになります。

そんな練習後のグリコーゲン補充のポイントについては、下記の記事にて紹介しています!

ランニングで枯渇させたグリコーゲンを急速補充するための摂取方法は?

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

アドバンスト・マラソントレーニング
ピート フィッツィンジャー スコット ダグラス
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 493,165

 

swyokkaichi

swyokkaichi

投稿者の記事一覧

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。
所属メンバーは20代前半から60代まで、初心者からシリアスランナーまで走力もバラバラですが、フラットなつながりの中、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。
詳しくはこちら

関連記事

  1. やっとの事で多度山ランを実施
  2. フルマラソンでの失速を予防するために大切な「脂質」に関する話
  3. 週末に実施したい走り込み練習「距離走」「ロング走」「LSD」の違…
  4. ダイエット志向ランナーには空腹ランがオススメ
  5. 上り坂をうまく走るために覚えておきたい4つのポイント
  6. レース1週間前の平日に1度は実施しておきたい「刺激入れ走」とは?…
  7. ランニングシューズのひもの通し方
  8. 夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニン…

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP