練習会の内容も秋レース向け仕様に

9月に入ったことで、そろそろ秋のレースを意識した練習を実施すべき時期になってきました。

そこでセカンドウィンド四日市では9月より、曜日毎の練習会での練習目的をより明確化。

そしてメンバーの皆さんには「今自分が弱点としているのはどんなところか?」、また「今後さらに磨いていきたい強みは何か?」・・・などなどを考えながら、練習会参加スケジュールを検討いただければと考えています。

曜日別練習内容

火曜日 クルーズインターバル

中央緑地トラックで実施する火曜夜練習会のメインメニューはクルーズインターバル。

クルーズインターバルは1kmx10本以上や2kmx5本以上などがあり、一般的に言われるインターバルよりペースは抑えめ、その代わりに比較的長い距離を走るインターバルの事です。

このクルーズインターバルでは主にLTペースの向上、言い換えると乳酸を溜め込まずに走れるペースの向上を、主な目的に行なっていきます。

木曜日 ヒルトレーニング+マラソンペース走

霞ヶ浦緑地公園で実施する木曜夜練習会のメインメニューはヒルトレーニング+マラソンペース走。

ヒルトレーニングではきつめのドリルでフォーム改善につなげるとともに、脚筋まわりや心肺に大きな刺激を入れていきます。

そしてヒルトレーニングの後に行うマラソンペース走では、ヒルトレーニングでの疲労を残した状態で、マラソンのレースペースを意識して走る事で、より効果的にスタミナ強化につなげていこうと考えています。

またマラソンペース走では常にマラソンレースでの目標ペースを意識する事で、レース本番に向けてペース感覚を養っていただこうと考えています。

金曜日 インターバル

中央緑地トラックで実施する金曜夜練習会のメインメニューはインターバル。

金曜日に行うインターバルは1kmx3〜5本や400mx7〜12本などのいわゆるオーソドックスなインターバルで、走るペースはかなり速め。

このインターバルではスピード強化につなげるとともに、何より最大酸素摂取量(酸素を効率的に取り込み、エネルギーに変換する能力)の向上を、主な目的に行なっていきます。

土曜日 ロング走

伊坂ダムで実施する土曜午前練習会のメインメニューはロング走。

マラソン目標ペースより少し余裕のあるペースで走るロング走も、アップダウンのきつい伊坂ダムで実施すると、かなりきつい練習になります。

その分より効果的にスタミナの土台を作る事ができ、またマラソンレースに挑戦する上で避けて通ることは難しい坂道対策をがっつり行う事も可能。

今年のレースシーズンはこの伊坂ダムの練習で、マラソンを走りきるために最も重要なスタミナの土台をしっかり作っていければと考えています!

これからの練習では目的意識を常に持って

マラソンだけでなく全てのスポーツにおいて言える事ですが、トレーニングは「なぜ今このトレーニングをやっているのか十分理解したうえで実施する事が、非常に重要となってきます。

特にマラソン練習はきついものが多いため、目的があやふやなまま実施していると、どうしても途中で心が折れてしまいます。

ただそんなきつい練習も、「なぜ今この練習を実施しているか?」「この練習を実施する事がレース本番の走りにどのようなの効果をもたらすか?」を分かっていれば、より高いモチベーションを持って練習に臨めるはず。

・・・というわけで、レースが近づくこれからの時期は、常に目的意識を持って練習に臨むよう心がけてください!

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事