ランニング

LT値を向上させたい方にまずオススメなマラソンメニュー「クルーズインターバル」とは?

フルマラソンで後半で失速しないために

前半順調に走れていたのに、後半になっていきなり失速してしまった フルマラソンに挑戦された方の多くが経験されている事です。

その失速の大きな要因の一つとして、筋肉に乳酸が溜まりすぎる事があるという事を、先日の記事で書かせていただきました。

乳酸はペースを上げていくと徐々に溜まる量が増えてきますが、乳酸はエネルギー源の一つでもあるため、その事自体は問題ありません。

ただしあるペースまで上げて走っていると、急激に乳酸の溜まるのが早くなってしまう境があり、この境を超えるペースで走り続けると、思うように身体が動かなくなってしまいます。

乳酸を溜め込まないための身体をつくるためには?

この境あたりの運動負荷(ペース)をLT値と言い、乳酸を溜め込まない身体を作るには、このLT値もしくはLT値より少し楽なペース(LTペース)を維持して走り続ける練習が効果的です。

マラソンの後半失速予防やレースペース底上げにも関係する「LT」とは

LT値を向上させるためのトレーニングにはどんなものが?

代表的な練習メニューとしてはLTペースを維持して、20分以上の時間を走り続ける「テンポ走」があるのですが、テンポ走はかなりきつい練習では多くの市民ランナーが苦手とするメニュー。

そこでオススメなのが、LT値でのランニングと休息(ジョギング)を交互に繰り返すクルーズインターバルです。

クルーズインターバルとは

クルーズインターバルとはLT値あたりのペースを意識しての疾走と、休息(ジョギング)を交互に繰り返す練習の事。

LTあたりのペースの目安としては、呼吸はゼイゼイハアハアとまではいかず、ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版によると「快適なきつさ」を感じ、30分ほどなら維持できそうと感じるくらいのペースで、一般的なインターバルに比べると多少余裕のあるペースで走ります。

その分疾走の距離もしくは本数は、一般的なインターバルより多めに走る練習では、セカンドウィンド四日市では1kmx10〜15本、2kmx5〜7本などの形でクルーズインターバルを実施しています。

クルーズインターバルは途中で休息を挟むため、テンポ走に比べると多少気軽に取り組む事ができるうえ、長く走る事ができるため、スタミナの強化にもつながります。

また一般的なインターバルに比べるとペースには多少余裕があるため、一般的なインターバルより多少気軽に取り組めるうえ、長く走れるため、同じくスタミナ強化にもつながります。

クルーズインターバルはこんな方にオススメ

クルーズインターバルは「走り込みもスピードも十分なのに、なぜかフルマラソン後半で失速してしまう」「ペースをかなり上げて走るインターバルやペース走はどうも苦手意識がある」という方にオススメです。

また走り始めてまだ日が浅い方でも、走る本数や距離を少なくすればいいだけですので、これからスピード練習を何かやってみたいという方にもオススメしやすいメニューと言えます。

そんな多くの方にオススメのクルーズインターバルですが、具体的なメニューには1kmx10〜15本、2kmx5〜7本だけでなく、いろいろなバリエーションで実施する事が可能。

さらにプラスアルファのメニューを追加すると、よりクルーズインターバルの効果を大きくする事ができます。

そんなクルーズインターバルのバリエーションメニュー、そしてプラスアルファのメニューについては後日別の記事にして紹介していきたいと思います!

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 13,695

 

多田 夏彦

多田 夏彦

投稿者の記事一覧

セカンドウィンド四日市代表。
自身のフルマラソン自己ベスト2時間45分39秒の更新を目指すとともに、チームの運営及び、ランニングコーチとしてメンバーの皆さんの指導にあたっています。

個人ブログはこちら

関連記事

  1. 初心者がフルマラソン完走を目指すための練習期間は?
  2. 故障予防のために動画でランニングフォームをチェックすべきポイント…
  3. 効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよ…
  4. マラソンで週末に実施したい「スタミナ練習」はなにをすれば?
  5. リディアード式ヒルトレーニングの実施手順
  6. リディアード式に学ぶフルマラソンに向けた6ヶ月メニューの組み方
  7. 三重県屈指の強豪高校「伊賀白鳳高校」に学ぶ長距離トレーニング
  8. 身体全体を大きく使った走りを身につけるための200mインターバル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

SWYからのお知らせ

最新記事

Featured Video Play Icon
ウォーミングアップで最優先で実施したい「肩甲骨周り」を動かせるようになるための動的ストレッチ

前回の記事で特に寒い時期には、ウォーミングアップはかなり重要な役割を担います。・・・がウォー…

寒い時期にこそ確認したいウォーミングアップの3つの効果

ここ最近急激に寒くなってきて、走りに外に出るにはかなり億劫な日が多くなりました。そんな寒い日…

フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント

レースも1週間前になると、もはやジタバタしてもほとんど意味はなく、コンディションを整えていく意識が重…

セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!

今日より11月がスタート。セカンドウィンド四日市の活動も、今日より7年目に突入する事となりま…

11月より今度こそはのメンバー限定メニュー動画配信をスタートしていきます

フルマラソンで目標達成するためには、なんだかんだ言っても距離をしっかり走りこむ事が重要。・・…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP