• イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日

10月に入ってレースシーズンに突入して、ハーフマラソンにエントリーされている方もかなり多くいらっしゃると思います。

ハーフマラソンはフルマラソンの半分の距離・・・とは言えいざ走ってみると、約21キロの距離は結構長く感じます。

それでいてそれほど余裕のあるペースで走っていても、思うような結果は出なかったりと、ハーフマラソンで走るペースに悩んでいる方は案外多いのでは?

そこで今回の記事ではハーフマラソンでの目標ペースの目安(あくまで目安)について、詳しく見ていきたいと思います。

フルマラソンペースとの比較

ハーフマラソンでよくペースの比較対象になるのが、フルマラソンでの目標ペース。

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版に掲載されているVDOT表などを参考にしてみると、下記の数値あたりがハーフマラソンの目標ペースと言えそうです。

フルマラソン3時間台以内を目標とされる方

フルマラソンの目標ペースより、1キロあたり10秒〜13秒前後速いペースで

フルマラソン4時間〜5時間以内を目標とされる方

フルマラソンの目標ペースより、1キロあたり15秒前後速いペースで

フルマラソン5時間以上を目標とされる方

フルマラソンの目標ペースより、1キロあたり20秒〜30秒前後速いペースで

テンポ走ペースとの比較

そして普段の練習ペースとの比較対象となるのが、LTペースを維持して20〜40分走り続けるテンポ走のペース。

LTペースとは「30〜40分くらいならなんとかペースを維持して走り続ける事ができる」・・・という思ったほど余裕はなく、結構きつめだけど、それなりに頑張りきれるペース。

LTについて詳しくはこちら

箱根駅伝クラスのトップランナーだと、このLTペースでハーフを走り切れてしまうようですが、市民ランナーにはまず無理です・・・

そこでハーフマラソンで走るペースの目安としたいのが、ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版によるとLTペースより5〜6秒遅いペース。

ただこのペースはハーフマラソンを走りきるのはかなりきついペースですので、個人的にはさらに5〜10秒遅いペースでも十分のような気はします。(このペースでもスタミナに自信のない方にはかなりきついと思いますが・・・)

ただハーフマラソンで記録を出したいとお考えの方は、思い切ってLTペースより5秒遅いペースを目標に走ってみても面白いかもしれません!

ハーフマラソンで走るペースは結構速い

今回の記事ではハーフマラソンで走る目標ペースの目安について紹介させていただいたわけですが、上記のペース目安を見て、かなり速いペースと感じる方も多いと思います。

ただハーフマラソンの距離はエネルギー切れを起こすほどの長い距離ではなく、ペースを維持して走っていれば、多少速いペースで走っていてもそれなりに走り切れてしまうもの。

そう前向きに捉えて、特にレースシーズンも始まったばかりの今の時期は、思い切ったペースでハーフマラソンに挑戦してみるのも、選択肢の一つとして検討してみてください!!

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 20,341
スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事