• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

マラソンレースも終わって、明日からの練習をどうしていったらいいの?

・・・そんな事をお考えの方は多いのでは?

レースでいい結果が出た方は次のレースでさらにいい結果を出すために、納得いかない結果が出た方はそのリベンジのために、早速練習を再開していきたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

ただレースを終えた後、しばらくは誰であっても休養が絶対に必要です。

レース直後は怪我をしやすい

マラソンレースでは普段の練習では出せないほどの、全力を出し切ってゴールする場合がほとんど。

結果として筋肉や関節などの弾力性が、普段の練習では考えられないほど低下してしまっている事があります。

そのためレース直後は故障のリスクがかなり高く、また筋肉の弾力性がないような状況で走っていても、トレーニング効果が得られるどころか、筋肉の損傷を大きくしてしまうだけだったりします。

レースを終えた後の休養日の目安

そこでレースを終えた後は、筋肉を回復させるなどの理由から、数日間休養を取る必要があります。

その休養日の目安として、世界的ランニング名著ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版には、「レース距離3キロにつき1日」と書かれています。

この記述に従うと、ハーフマラソンに出場した後は1週間、フルマラソンに出場した後は2週間の休養が必要になるという事になります。

こんなに長く走れないのはいやだ・・・という方も多いと思いますが、この休養には完全に身体を動かさない「完全休養」だけでなく、軽いウォーキングやジョギングなどで疲労を抜く「積極的休養」もあります。

実際レース翌日などは、全く身体を動かさないより、積極的休養として身体を少しでも動かした方が、疲労も抜けやすく、筋肉痛の症状も抑えられるというデータもあるため、むしろレースが終わってしばらくは積極的休養がオススメです。

思い切って身体を休めるのも時には大切

ただレースでの痛みや疲れがかなり残り、ウォーキングやジョギングをやっていてもフォームが崩れてしまうほどの場合は、レース後最低でも2日間は完全休養がオススメ。

また2日間走っても痛みが取れない場合、そしてどうも走る気にならない・・・という方は、2日以上完全休養にあてていただいても全く問題ありません。

特にレースに至るまでにかなり頑張って練習を積み重ねてきた方は、一度自分へのご褒美と思って、じっくり休んでいただくのも大きな選択肢の一つと言えそうです。

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版
ジャック・ダニエルズ
ベースボール・マガジン社 (2016-03-22)
売り上げランキング: 46,554
スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事