• イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日

身体についてしまった体脂肪は、ランナーだけでなく、多くの方にとって邪魔者扱いされがち・・・

ですがことフルマラソンにおいてはこの体脂肪が、42.195kmを最後まで力強く走りきるための一番の武器にもなり得ます。

マラソンでの最大のエネルギー源はグリコーゲン

マラソンを走るためのエネルギー源として、真っ先に思い浮かぶのがグリコーゲン(=糖質)。

グリコーゲンは燃焼効率が良く、最優先でエネルギー源として使われます。

ただ人間の身体に溜め込んでおけるグリコーゲンには限りがあり、30km〜フルマラソンのような長い距離を走っていると、途中で枯渇してしまい、エネルギー切れ状態となってパフォーマンスを大きく落とすことにつながります。

そんなエネルギー切れを予防するために重要な役割を担う事になるのが、糖質と並ぶ重要なエネルギー源となる脂肪です。

脂肪も重要なエネルギー源のはずですが・・・

脂肪はグリコーゲンと違って、いい意味でも悪い意味でも身体に多く溜め込むことができ、よほどのことがない限り枯渇する事はありません。

ただ問題はグリコーゲンに比べると分解されるのが遅く、言い換えると脂肪は燃焼効率が非常に悪く、なかなかエネルギーとして変換されてくれません。

そのため走っている最中には、脂肪がなかなかエネルギーに変わってくれないため、グリコーゲンの力を頼らざるを得ず、結果としてグリコーゲンの枯渇を早めてしまいます。

脂肪の燃焼効率を上げるには?

そんな燃焼効率がいまいちな脂肪ですが、トレーニングによって、燃焼効率を上げる事は可能です。

そんな脂肪を効率良く燃焼させるために効果的なトレーニングとしては、あえてグリコーゲンが枯渇した状態で走り、脂肪をエネルギー源として使用せざるを得ない状況をつくる方法があります。

また脂肪は運動負荷が低ければ低いほど、効率的にエネルギーとして使われやすくなるため、ゆっくりペースで走っても、脂肪がエネルギーとして消費されやすくなり、脂肪の燃焼効率が上がりやすくなります。

今の時期こそ脂肪を効率的に燃やせる身体をつくろう

上記のようなトレーニングを定期的に行うと、脂肪が分解されやすくなり、身体が脂肪をエネルギー源として優先的に使用する事を覚えます。

すると以前より身体が脂肪をエネルギーとして利用するようになるため、グリコーゲンを節約する事が可能となります。

そう考えるとフルマラソンを走りきるためには、ゆっくり走る練習や空腹の状態で走る練習もかなり重要。

・・・という事で、特にレースからしばらく遠ざかる方ほど、積極的にこうした練習を実施していくようにしましょう!

スポンサードリンク




関連キーワード
ランニングの関連記事
  • (会員限定)Tランニング・1kmクルーズインターバルのペース目安
  • フルマラソンで結果を出すためのスピード練習「クルーズインターバル」
  • フルマラソンに向けて一度は実施したい「40kmLSD」の練習効果
  • (会員限定)Iランニング・400mインターバルのペース目安
  • スピードと最大酸素摂取量向上などの重要な効果が見込める400mインターバル
  • ランニングでの着地はミッドフッド着地が正解?
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事
ランニング
数多くあるマラソントレーニングの中でも最重要トレーニングと言われる「ペース走」で得られる練習効果について書かせていただいています。...