2017年の練習会は28日(木)夜をもって終了

2017年最後の練習会となった12月28日(木)の練習会は、霞ヶ浦緑地公園をスタートして、四日市港までを走るロードジョグ。

 

今年は例年以上にレース本番に向けて充実した練習ができましたが、たまにはこうした息抜き練習も必要という事で、2017年最後の練習はのんびりムードでコンビナート夜景を楽しみながら走る事ができました。

年末走り込みイベント第二弾は富双緑地クロカン

・・・というわけで練習会は終了しましたが、2017年はチームイベントとして年末3日連続走り込みイベントを予定しています。

走り込みイベント1日目は先日の記事で紹介した椿大神社→鶏足山峠走を、12月29日(金)途中雪も降る中実施しました。

そして走り込みイベント第二弾として、30日(土)は広大な芝生道の広がる富双緑地にて走り込みを実施します。

富双緑地公園は広大な芝生の広がる公園で、ほどよいアップダウンがあるのも大きな特徴。

そんな富双緑地公園にて、30日(土)は2〜3時間クロカン走を実施します。

富双緑地クロカン走の目的

富双緑地公園は芝生を走る頻度が、かなり高くなります。

芝生は着地時の衝撃が舗装路に比べると大幅に軽減され、故障のリスクを抑える事ができます。

一方で芝生は舗装路に比べると地面の反発を得にくいうえ、富双緑地公園はほどよいアップダウンが随所随所に待っていて、それほどペースを上げなくても、心肺にかなりの刺激を入れる事ができます。

また芝生を走る際は、着地が安定しにくい分、舗装路を走っている時ではなかなか刺激を入れにくい細かな筋肉にも刺激が入りやすく、バランスよく脚筋や体幹周りの筋肉を強化できる点も大きな特徴です。

2時間走り続けるのはかなりきついですが・・・

そんな富双緑地公園での練習は、ペースをそれほど上げなくてもかなりきつく、走り続けていくとボディーブローのように脚に疲労が蓄積されていくのを実感する事となります。

ただこれは普段使えていない筋肉に刺激を入れられている証拠で、むしろ喜ぶべき事!

・・・という事できついけど、確かな効果が得られる富双緑地クロカン走。

使う筋肉が少し違ってくるため、前日の峠走、そして翌日の時間走とのセットメニューもオススメですので、お時間のご都合のつくセカンドウィンド四日市メンバーの皆様は、ぜひ積極的にご参加ください!!

集合場所等についてはこちら

 

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事