2017年も残すところわずかとなり、もうすぐ2018年が到来します。

本来ならお正月休みという事で、こたつに入ってゆっくり休みたいところかもしれませんが、セカンドウィンド四日市の活動は2日(火)からスタート。

その内容はなぜかセカンドウィンド四日市の年始恒例行事となっている、多度参拝ランからスタートします。

NTN総合運動公園よりスタート

今年の初走りは箱根駅伝で5区を走るランナーがほぼ全員ゴールするであろう14時よりスタート。

スタート地点は桑名市のNTN総合運動公園をスタートして、まずは公道を走って片道約6.5kmの距離にある多度大社まで向かいます。

多度大社にてチームの初詣

そして多度大社到着後は、屋台などをめぐりつつ初詣を実施。

多度大社は伊勢神宮に対して、「北伊勢大神宮」とも呼ばれ、四日市も含む北伊勢地方の総氏神として崇められており、「お伊勢参らば お多度もかけよ お多度かけねば 片参り」と言われるほどの由緒ある神社。

そんな歴史ある多度大社で、メンバーの皆さんの1年が実りあるものになる事をそしてチームのさらなる発展を祈願していこうと考えています!

プラスアルファのメニューを多度山にて?

多度大社は大社創立以前は山全体を御神体としていたとの記録が残っているそうです。

・・・という事はあまり関係ないのですが、参拝ランの途中では多度山ランも実施予定。

多度山は403mと標高こそそれほど高くないものの、傾斜がかなりきつく、かなりの負荷がかかります。

そんな多度山を上って、メンバーの皆さんには早速大きな刺激を入れていただこうと考えています。

2018年も多度で楽しくスタートダッシュ!

2018年は新年早々からレースを控えているメンバーも多く、正月モードからできるだけ早い段階でレースモードに気持ちを入れ替えていただこうと考えています。

そんな気持ちの切り替えにも多度参拝ランは最適!

・・・という事で新年早々ではありますが時間の都合がつくセカンドウィンド四日市メンバーの皆様は、ぜひ積極的にご参加ください!!

 

集合場所等詳しくはこちら

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事