早いもので2018年がスタートして1週間が経過しようとしています。

まだお正月気分も残る今の時期ですが、2〜3月にはセカンドウィンド四日市の中でも多くのメンバーが本命とするレースを控えているため、1月前半の日曜日は早速ロングの走り込みを行います。

スケジュールは下記の通りとなっています。

1月7日(日)・・・富双緑地3時間クロカン走

1月1週目の日曜日の走り込みメニューは、広大な芝生が広がる富双緑地公園での3時間クロカン走。

富双緑地公園の芝生は着地衝撃こそ抑えてくれますが、地面の反発を得にくく、なかなか思うように前に進むことができません。

また富双緑地公園はほどよいアップダウンが要所要所に待っていて、それほどペースを上げているつもりがなくても、かなりの負荷を感じるはずです。

そんな富双緑地公園を3時間走り続ければ、心肺や脚筋・体幹の強化など多くの練習効果が見込めるうえ、フルマラソンを走りきるために最も大切なスタミナと根性を鍛える事は間違いありません!

 

富双緑地クロカン走集合場所はこちら

1月14日(日)・・・ロード40kmLSD

1月2週目の日曜日の走り込みメニューは、南部丘陵公園をスタートして、鈴鹿の箕田公園まで片道約20km、往復40kmをキロ7分前後のゆっくりペースで走る40kmLSD。

走るコースは極めてフラットで、ロードコースであるにも関わらず途中には信号などで立ち止まるところもほとんどなく、ほぼノンストップで40kmを走り切れるのが大きなポイント。

なお今回の40kmLSDはサポートカーの出動予定はありませんので、参加されるメンバーの方々は給水を携帯するリュックやポーチなどの準備は万全で、また途中リタイアの場合は自力でスタート地点まで戻っていただく想定でお願いいたします。

 

40kmLSD集合場所はこちら

距離への不安をなくそう

フルマラソンで最大の障壁となりうるのが、距離42.195kmという長丁場に対する距離への不安。

その距離への不安を少しでも払拭するためには、なんだかんだ言っても長い距離・時間走り続ける事に身体も心も慣らしていくしかありません。

・・・というわけでこれからフルマラソンを控えているメンバーで、少しでも距離への不安を払拭したいメンバーの皆さんは、ぜひ積極的にご参加ください!!

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事