早いもので1月も中盤に差し掛かり、フルマラソン本番を間近に控える市民ランナーの方も多いのでは?

フルマラソン本番では、それなりにきついペースを維持して走り続けるスピード持久力が、特に後半での走りを大きく左右することになります。

そんなフルマラソンのためのスピード持久力強化に向けて、セカンドウィンド四日市で一番重視しているメニューがクルーズインターバルです。

一般的なインターバルだけではフルには不十分?

フルマラソンで最後まで大きな失速なく走りきるために、できれば定期的に取り入れていきたいメニューの一つがインターバル。

インターバルと言えば、呼吸がゼイゼイハアハア状態になるきついペースで、1kmを3〜7本走る練習が一般的です。

ただこの一般的なインターバルでは、フルマラソン42.195kmを走りきるためには少し不十分で、もう少し距離を踏んでおきたいところ。

そこでおすすめなのが1kmだと、10本以上と多くの本数を走る「クルーズインターバル」です。

クルーズインターバルとは

クルーズインターバルとはかなりきついけどもう少し走ろうと思えば走れると感じるくらい、おおよその目安としては市民ランナーの方なら10km前後のレースペースの疾走と、回復のための休息を交互に繰り返すメニュー。

クルーズインターバルでは一般的なインターバルよりペースは多少余裕がある分、多くの本数を走ることができます。

ただし本数を重ねれば重ねるほど、脚に乳酸が蓄積されてきて、どんどん脚が重くなってくるのを実感するはずです。

クルーズインターバル実施時の注意点

クルーズインターバルで走るペースは、30分〜40分前後の時間ペースを維持して走り続けるテンポ走(ペース走)と同様でOK。

クルーズインターバルでは回復のためのジョギングを間に挟むため、テンポ走より速く走ろうと思えば走れてしまいます。

ただクルーズインターバルで重視されるのは、スピードより、いかに長い時間・距離をある程度の負荷を維持して走り続けることができるか?

そのためペースを上げる余裕があるのであれば、その分本数を増やす方が、より本来の練習目的を得る事が期待できます。

クルーズインターバルの練習目的はこちら

フルマラソンへの自信を手に入れよう

クルーズインターバルは、ペースに多少は余裕があるうえ、レストも取れるため、一般的なインターバルやテンポ走(ペース走)より取り組みやすい練習メニューと言えます。

一方で本数・距離を多く走れれば走れるほど、大きな練習効果が見込めるうえ、長い距離をある程度きついペースで走り続けたという経験は、長丁場となるフルマラソンに向けても大きな自信につながります。

フルマラソンはメンタル面が大きく結果を左右するスポーツと言え、そのメンタル面を強くするためには練習で自信を積み重ねていく事が本当に重要。

そんな自信を積み重ねていくために、フルマラソンのレース本番が近づいてきた時期には、ぜひ積極的にクルーズインターバルを取り入れてみてください!!

 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事