フルマラソンのための練習の代表格と言えば、多くの人が思い浮かべるのが30km走。

セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんも同様で、フルマラソンも近づく今の時期は、30キロ走の要望が多くありました。

そこでセカンドウィンド四日市では、1月末から2月上旬にかけて3週連続で、霞埠頭にて30キロ走を実施中です!

ただセカンドウィンド四日市として30キロ走を重視しているかと言いますかと、実はそれほどでもなかったりしますのですが・・・

単純に走力アップを目指すなら・・・

30キロ走の一番の目的として考えられるのが、フルマラソンを走りきるための「スタミナ強化」。

ただ単純にスタミナ強化を求めるのであれば、アップダウンのきつい伊坂ダム周回コースを少しきついと感じるくらいのペースで1時間半〜3時間ほどかけて走り込む方が、間違いなく大きな効果を見込めます。

そして30キロ走のもう一つの目的として考えられるのが、多少きついと感じるペースを維持して走り続けるための「スピード持久力強化」。

ただ単純にスピード持久力強化を求めるのであれば、ハーフマラソンペースより少し速い、結構きついペースを30〜40分維持して走るテンポ走・いわゆるペース走や、インターバル走を実施した方が、より大きな効果を見込める事は間違いないと思っています。

30キロ走の主な目的はペース感覚の把握

では30キロ走がフルマラソンに向けて全く必要ないかと言えば、そうとは言い切れず、できれば本番までに2〜3回はやっておきたい練習である事は間違いありません。

その大きな理由は、30キロ走はフルマラソンでのペース感覚を把握するには、最も効果的なメニューだから。

42.195kmという長丁場を走り続けるフルマラソンでは、いかにロスを減らして走り続けるかが重要な鍵を握るのですが、スタミナのロスを少しでも減らすためにはいかに適正ペースを一定に維持して走るかが重要となってきます。

一定のペースを維持する事は案外難しく、また適正ペースを把握する事はかなり難しいですが、30キロ走を数回実施する事ができれば、目標ペースに身体を慣らす事ができ、ペース感覚を養うには絶好の機会となります。

メンタル面での効果も見逃せない

そして30キロ走を実施する事で、もう一つ見逃せないのはメンタル面での効果。

フルマラソンの距離からすると、短い距離にはなるものの、目標とするレースペースもしくはそれに近いペースで30キロを練習で走りきれた事は、大きな自信につながります。

フルマラソン、特に後半ではメンタルが結果に及ぼす効果は決して小さくなく、こうした練習での自信の積み重ねが大きな力になり得ます。

設定通りに走れなくても問題なし

ただレース直前期となる今の時期は、いろいろと疲労も出やすく、調子が上がりにくい時期でもあります。

また今年は本当に気温の低い日が多く、身体に思わぬ変調をきたすことも多い時期と言えます。

そんな今の時期に30キロ走を実施する際に、最も意識すべきは「とにかく無理をしない事」。

走っていてもなかなか調子が上がらない時は、今は疲労が溜まりやすい時期だからと割り切って、休息に徹するのも直前期の戦略の一つです。

逆に走っていて調子が良くなってきて、ペースを上げすぎてしまうと、疲労が予想以上に残ってしまう可能性もあるため、とにかくレースも1ヶ月以内に迫った直前期の30キロ走は、とにかく無理のない負荷での実施を心がけてください。

 

 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事