スタミナ不足、フォームの崩れ、そして何より深刻なのは完全な肥満体型化。

そんなお粗末な状況にある今の私、ちょっと走るだけで、呼吸はすぐに乱れ、汗は驚くほど吹き出てきてと、完全なダメランナーになってしまいつつあります。

そんな現状から脱却するためには、富双緑地公園での練習を強化するしかないと思っています。

富双緑地公園でフォームを改善しよう

昨日はセカンドウィンド四日市の霞ヶ浦緑地木曜夜練習会の前に、霞ヶ浦緑地公園から北へ1〜2キロほどのところにある富双緑地公園へ。

富双緑地公園の特徴はほどよいアップダウン、そして広大な芝生公園であること。

芝生では地面の反発がほとんどなく、今の私の課題となっている地面を強く蹴るフォームでは、前に思うように進めません。

そこで体幹周りを中心に自然と使った走りとなるのですが、練習をサボっていた間に肩甲骨周りをほとんど使っていなかったからか、腕振りが驚くほどギクシャクした感じになっていました。

そして500mほど走っただけで、肩甲骨まわりがかなりポカポカした感じになり、上半身をしっかり使って走れているのを実感できました。

肥満体型にはかなりきつい富双緑地練習

富双緑地公園はそんな芝生に加えて、小刻みなアップダウンの連続で、心肺に自然と負荷がかかります。

昨日も走っていたペースはかなりゆっくりだったはずなのですが、走りはじめからずっとゼイゼイハアハア状態。

特に上り坂では、致命的な重さとも言える自分の体重が大きなネックとなって、情けないほどペースダウンしてしまっていました・・・

そんなこんなで今日も昨日に引き続き周回1.5kmのコースを3周、約4.5kmを走るのがやっとの状態でしたが、上半身を効率よく使った自分本来のフォームを思い出すきっかけができた気がしました。

そして全身運動によるシェイプアップ効果も期待できるような気がしました。

とにかくしんどい富双緑地練習でしたが

そんなきつい練習になりがちな富双緑地練習ですが、それに見合ったご褒美があると思っています。

海に面した富双緑地公園は昔は大きな造船所があったところらしく、その名残か今も多くの船が停泊しています。

また海を挟んで見える四日市港ポートビルなどのコンビナートの景色はなかなか見応えがあり、特に夜の夜景はなかなかの絶景だと思っています。

昨日も走っているのはきつかったですが、富双緑地公園から見える景観のおかげで、リラックスした気持ちで走ることができました。

何度も復活の足がかりにしてきた富双緑地ですが・・・

画像引用先:中日新聞WEB

フォームも改善できて、心肺に程よい刺激を入れてて、減量にも効果的で、しかもリラックスして走れる富双緑地公園。

今までも自分が不調になった時、なんどもこの公園での練習からスランプを脱却した覚えがあり、今回もなんとか復活への足がかりをつかみたいと思っています。

そんな富双緑地公園ですが、先日三重県にJリーグチームを誕生させるために、新たなスタジアム建設を目指している県サッカー協会が、その候補地を菰野町のアクアイグニスと、富双緑地公園に絞ったとのニュースが出ていました。

いつスタジアムができるかは、全く未定だそうですが、完成予想図を見る限り、もし富双緑地公園が建設地に決まれば、今私が走っているコースは練習には使えなくなってしまいます。

ただそのこと自体はやむを得ないと言えばそれまでという事で、自由に走れる今こそがっつりと富双緑地公園で走り込んで行こうと思っています!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事