秋のレースで結果を出すためには、夏場の走り込みこそ重要。

そしてフルマラソンのための走り込みの代表格といえば、やはり30キロ走。

・・・という事でセカンドウィンド四日市では5月20日(日)の30キロ走に引き続き、6月・7月にも3ヶ月連続で、霞ヶ浦緑地公園にて30キロ走を実施します。

6月・7月の30キロ走概要は下記の通りとなります。

3ヶ月連続30キロ走スケジュール

開催日時:6月17日(日)8:00〜

7月22日(日)8:00〜

開催場所:霞ヶ浦緑地公園トリムコース

メニュー:30キロ(もしくは3時間走)

参加要件:セカンドウィンド四日市会員

暑い時期はペースよりも時間を走りきる意識が重要

今年の夏はかなり暑くなる事が予想され、6月と7月の30キロ走でもかなり暑い日の中での開催が予想されます。

そんな暑い中では到底ペースは上がらない方がほとんどだと思いますが、夏場の時期はペースより、長い時間を走りきる事で、秋に向けてスタミナのベースを作ることの方が大切。

そこで6月、7月の30キロ走はレースペースはそれほど意識せず、とにかく30キロもしくは3時間確実に走りきれるペースで走りきる事を最優先に考えてください。

ただ暑い時期に無理は禁物という事で、少しでも気分が悪くなったら、途中で止めればOKと軽い気持ちで、メンバーの皆さんには30キロ走に参加いただければ幸いです!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事