ここ最近のニューバランス「HANZO T」での走り心地のよさは尋常でなくなってきていて、もはや運命のシューズとすら思えてきています。

ちなみに「HANZO T」はトレーニング用モデルのはずなのですが、スピードも十分出しやすく、まだレース用、スピード練習用モデルをラインナップしているHANZOシリーズのポテンシャルの高さは計り知れないものがあります。

そんなわけで今シーズンは「HANZO」シリーズに全てを託そうと思っていたはずだったのですが・・・

「ナイキ エアズーム スピード ライバル」を購入

今日はセカンドウィンド四日市練習会の前に、中央緑地公園のすぐ近くにあるスポーツデポに立ち寄りました。

その目的は現在8000円以下で購入できる「HANZO T」の2足目を購入するため。

・・・だったのですが、気がつけば7000円以下で購入できる「ナイキ エアズーム スピード ライバル」の安さ、そしてカラーリングのよさに惹かれてしまい、結局こちらを購入することにしました。

そしてセカンドウィンド四日市練習会で早速キロ5分ペースで走ってみると、スピードの出しやすさこそ「HANZO T」にはおよばないものの、足を包み込んでくれるようなフィット感、そしてクッション性はなかなかのもの。

練習メニューごとに「HANZO T」と使い分けていけば、この「ナイキ エアズーム スピード ライバル」も十分トレーニング用シューズとして十分な戦力になってくれる事を実感しました。

思ったよりナイキシューズは自分の足にフィット

今回私が「ナイキ エアズーム スピード ライバル」を購入したのは安さ、カラーリングだけではなく、もう一つ大きな理由がありました。

それは現在世界のトップランナーが好記録を連発している「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を筆頭格に、ランニング界の話題を独占しているナイキのランニングシューズが、自分の足にフィットするかどうかを確認したかったから。

ランニングシューズはメーカーごとに、特にヒールカウンター(=かかと部)の大きさに特徴があり、ナイキのランニングシューズはかかと部が狭い事で知られています。

もともとかかとが大きめと思い込んでいた私、この狭さが気になっていて、ちょっと特殊なランニングシューズ「フリーラン 」シリーズ以外のシューズを購入できずにいました。

ただ今回購入した「ナイキ エアズーム スピード ライバル」を足に入れてみた感想は、思ったよりかかと部も窮屈でなく、むしろしっかりとフォールドしてくれる感覚があり、全く問題なく自分の足にフィット。

そしてこの感じなら、今の自分にとって一番のあこがれのシューズ「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」も問題なく履けるような気がしました。

「ズーム フライ」も運良く履かせていただける事に

そんな事を考えていた矢先に、「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」の一つ下位モデルとも言える「ナイキ ズーム フライ」を履いているセカンドウィンド四日市メンバーの方がいらっしゃり、サイズが一緒だった事もあり、急遽400mレペティションで履かせていただく事になりました。

「ナイキ ズーム フライ」のはき心地はかなり独特で、しかも思っていたより重く、このシューズでスピードは出せそうもないな・・・というのが第一印象でした。

ただいざ走ってみると、スタート時から驚くほど加速しやすいシューズで、400mレペティションでもスタート時はかなりの加速よく走り出すことができました。

残念な事に今の私はスタミナ不足という事で、実施した400mレペティションでは5本とも後半にかけて大失速・・・

それでも5本とも80秒を軽く切るペースで走れてと、「ナイキ ズーム フライ」のポテンシャルの高さは存分に実感することができました。

やはり現段階では「HANZO」シリーズの方が魅力的?

・・・というわけで今日はナイキランニングシューズを2モデル履かせていただいたわけですが、「HANZO T」の走りやすさにはやはり及ばないように感じました。

ましてや「HANZO T」はトレーニングモデルという事で、スピードモデルを購入すれば、さらに走りやすくなる可能性は高くと、ポテンシャルの高さは計り知れないレベルにあります。

ただナイキのランニングシューズには、「HANZO」シリーズにない魅力も兼ね備えている事も事実で、中でも最上位モデルとも言える「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」のはき心地はやはり気になります。

ただやはり現段階では「HANZO」のスピードモデルの方が、価格的にも優しく、自分の走りにフィットする可能性も高いという事で、とりあえず体重をもう少し落とせたら「HANZO R」の購入に踏み切ろうと思っています!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事