秋のフルマラソンで結果を出すためには、夏場の時期からの走り込みが必要不可欠。

ただ夏場の暑い時期は、長い距離を走るにはかなりきつく、途中でついバテてしまいがち。

そんな夏場におすすめなのが、かなりゆっくりのペースで1時間半〜3時間ほどの時間を走るLSD。

ただセカンドウィンド四日市で実施するLSDはもう少し走りごたえのあるものをという事で、7月入って早々に40キロLSDを実施します。

40kmLSD概要

開催日時:7月1日(金・祝)7:00〜(午後13:00くらいまで)

スタート場所:南部丘陵公園・南ゾーン駐車場

参加要件:セカンドウィンド四日市の会員でキロ7分ペースで40kmを走りきれる方

*今回のイベントではサポートカーは出動しませんので、あらかじめ給水の準備は万全でお願いします。

40kmLSDコースの特徴

今回の40kmLSDで走るコースは、南部丘陵公園・南ゾーン駐車場から、鈴鹿市箕田公園まで約20kmを往復する、セカンドウィンド四日市の定番コース。

コースは極めてフラットで、ロードコースにも関わらず、信号もほとんどなく、ノンストップで最初から最後まで走りきれるのも大きな特徴です。

かなり暑くなる可能性もありますが、そんな時期に走っておいてこそつく実力もあります。

夏場のうちに1度くらい40キロの距離を走っておきたい、そうお考えのセカンドウィンド四日市メンバーの方は、5月4日(金・祝)7時に南部丘陵公園南ゾーン駐車場にお集まりください!!

集合場所マップ

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事