今年の夏はとにかく暑く多くの汗をかいてしまううえ、強烈な雨の日も多く、ランニングシューズもどんどん汚れていってしまいがち。

それでも放置という方も多いと思いますが、汚れが溜まってくると、多種多彩な菌が増殖し、強烈な匂いも発生してと、とにかく不衛生です。

ランニングシューズはランニングにおける何より重要な道具で、できればそんな不衛生な状態で放置するのは避けたいところ。

そこで今回の記事では、そんな夏場にこそやっておきたいランニングシューズの洗い方について見ていきたいと思います。

1.まずは水にじっくりつける

ランニングシューズを洗う時は、まずくつひもやインソールなど外せるものは全て外しておきます。

そして汚れが浮き出るように、水もしくはぬるま湯にシューズを染み込ませます。

そして少しふやけたような状態になるまでつけておくと、より汚れが落としやすくなります。

2.汚れを落とす

次に洗剤をかけて汚れを落としていくのですが、汚れを落とす時は手もみで、汚れを浮き立たせていくのが基本です。

泥などの強い汚れの場所にはブラシも使いますが、あまり強くこすりすぎると、シューズの縫合部や繊維を痛めてしまうため、丁寧にやさしく、柔らかく洗うイメージで汚れを落とすようにしてください。

3.洗剤をしっかり落とす

ひととおり汚れを落とし終えたら、洗剤が残らないよう、ランニングシューズに水を何度もすすいで、洗剤を落としていきます。

この段階で洗剤がシューズについたままの状態だと、素材が痛みやすくなり、洗ったことが逆効果になってしまいかねません・・・

4.陰干しで優しく乾かす

洗剤を落としたら、水気をしっかり取った後、風通しの良い日陰に干します。

ランニングシューズは直射日光にあてると、素材が縮み、型崩れしやすくなるため要注意です。

また干す時は、シューズの中に布や紙などを詰め形を整えておくと、さらに型崩れを予防することができます。

ちなみに慌てて乾かそうとドライアーなどを使って乾かしたい時もあるかもしれませんが、シューズのミッドソールや接着部はとにかく熱に弱いためNGです。

また早く乾かすための裏技として、脱水機に入れるという手段もあるそうですが、同じくシューズの型崩れの要因になるため、よほどの事情がない限り避けるようにしましょう。

ランニングシューズは日常のメンテも重要

ランニングシューズを洗う時の注意点はざっくりこんなところですが、乾いた後に専用のクリームやオイルを塗っておくと、洗剤によって奪われた油分を補給でき、乾燥によるひび割れなどを予防することができます。

またランニングシューズは洗うだけでなく、日常のメンテナンスだけでも、衛生面を改善でき、長持ちさせることが十分可能。

そんなランニングシューズの日常のメンテナンス方法については、後日別の記事にて紹介していきます。

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事