7月14日(土)正午より15日(日)正午まで24時間の間、一つのタスキをチームで走ってつなぐ「ランナーズ24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド 2018」が開催されました。

昨年もセカンドウィンド四日市メンバー+αで出場したこの大会ですが、昨年は私自身は諸事情あって走っておらず。

ただ今年度はこれといった怪我もなく、体調も万全と、出場しない理由はどこにもないという事で、チームの一員として初の24時間リレーマラソンに参加させていただきました。

予想に違わぬ暑さの中リレーマラソンがスタート

今回出場したリレーマラソンは周回約1.4kmのコースを24時間チームで走り続け、何周走ったかで順位を競い合うルール。

とは言っても、とんでもない暑さだし、もともと結果を求めてエントリーしたわけでもないという事で、結果は気にせずに楽しもう。

・・・という方針でチームとしてのぞんだはずなのですが、セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんには手の抜き方をあまりご存じない方ばかりのようで(?)、スタート直後から力の限り走っていただいていた結果、スタート2時間経過時の順位は228チーム中、まさかまさかの22位とかなりの好順位。

ただ最高気温38度の予想に違わぬ酷暑に加えて、比較的フラットと聞いていたはずのコースは1キロすぎに結構なきつさの上り坂が待っていてと、確実にメンバーの皆さんのスタミナを奪っていきました。

とにかく楽しくて仕方なかった夜の時間帯

そんな暑さの中でも、メンバーそれぞれが全く手を抜く様子もなく、その事はチーム全体としてなかなか手を抜きにくい雰囲気になってきて、とんでもない暑さの中でも大きな失速は全くなし。

そして順位は多少の上下はあったものの20位台をキープしたまま、レースは夜に突入していきました。

夜になっても相変わらずの暑さだったのですが、炎天下の日中に比べると、断然走りやすくなったという事で、私自身もなぜか急に全力スイッチが入ってしまう事に。

結果日中はキロ4分ペースを維持するのもやっとだったはずが、キロ3分半前後ペースまで、大幅にペースアップ。

そして残り300mあたりからは、さらにペースアップしてスパートをかけると、沿道の方からどよめきのような「あの黒帽子の人(多分黒い帽子をかぶっていた私の事と思われる)すごい速い!」との見知らぬ方からの声援も何度もいただけてと、とにかく走っていて気持ちよくて仕方ありませんでした。

おかげで日中は「少しでも自分の走る出番を減らせれば・・・」的なムードだったのですが、夜の時間帯は「一刻も早く自分の順番が来てほしい!」と思ってしまうほどモチベーションも高く、とにかく走っていて楽しくて仕方ない状況でした。

そしてお茶目(?)な出で立ちで、チームの気持ちを和ませてくれるメンバーもいらっしゃってと、ガチモードに突入しつつも、腹を抱えて笑わずにいられないひと時もありました。

そして深夜の時間帯も、メンバーの皆さんが全く手を抜く事なく走り続けてくださった結果、朝4時の段階では順位が20位まで上がっていました。

我慢我慢の最後の6時間

早朝の時間帯になると、夜の好調さが嘘のように身体全体が重く、ペースも大幅ダウン。

それは周囲のメンバーも同様だったようで、走りを見ていても、明らかに疲労の色がにじみ出ていました。

・・・が時間が経っていくうちに、メンバーの動きもどんどんよくなってきて、私自身もまたまたキロ4分を軽く切るペースまでスピードアップ。

ただ9時すぎあたりからは、日差しもかなりきつくなってきて、気温もどんどん上がっていって、全く笑えないほどの暑さに。

そんな過酷な状況にあっても、チームの雰囲気はずっとよく、走るメンバー誰もができる限りの力を出し切って、周回をどんどん重ねていってくださいました。

そして最後の最後はメンバー全員が我慢我慢の走りで、しっかりタスキをつなぎ切ってくださり、15日(日)正午にリレーマラソンは終了しました。

チームとして収穫多きリレーマラソン

メンバーにトラブルらしいトラブルがほとんどなかったこと、そして参加者全員がこれ以上ない過酷な状況下で24時間走り続ける経験を共有できた事など、今回のリレーマラソンでは大きな収穫を得ることができました。

そして最終順位は21位と、昨年の91位から大幅に予想をはるかに上回る結果。

もともと好順位を求めて出場した大会ではないにしても、この結果は秋のレースにこれから向かっていくうえで、チームにとって大きな自信につながった事は間違いありません。

メンタル面が大きくものを言うマラソンにおいて、自分の走りに「自信」を持つ事は、ある意味レースで結果を出すために最も重要な要素。

その自信を得られた事で、今のタイミングから秋のレースシーズンがかなり楽しみになって来ました。

それはチームとしてだけでなく、私自身にとっても・・・

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事