もはや歴史に残るのではとすら思えるような酷暑が続く今年の夏。

炎天下の中で長時間走り続ける事は、熱中症のリスクがかなり跳ね上がってしまう上、最悪命の危険にすらなりかねません。

そこで7月後半から8月にかけてのセカンドウィンド四日市の土曜練習会は、木陰の多い不整地での練習が中心。

そのスケジュールは下記のようになっています。

7月28日(土)南部丘陵公園・北ゾーンクロカン走

もはやセカンドウィンド四日市の定番クロカンコースとなっている、南部丘陵公園北ゾーンのクロカンコース。

昨年の今頃は大蛇の目撃情報も出ていますが、今年も目撃できれば、縁起がかなり良さそうです・・・

8月4日(土)伊坂ダム周辺不整地走

伊坂ダムといえば3.6kmの周回コースに目がいってしまいますが、近辺には隠れた不整地コースがいくつか存在します。

そのコースが練習に使えるのかどうかはよく分かりませんが、探索方々伊坂ダム近辺の不整地を利用した練習を実施します。

8月11日(土)南部丘陵公園・南ゾーン階段トレ

ここ最近は南部丘陵公園というと北ゾーンでの練習がメインですが、南ゾーンにも不整地練習に適したコースがいくつか取れます。

中でも長く長く続く階段道を利用した練習で、筋力・心肺機能アップに加えて、フォーム改善につなげていきます。

8月18日(土)垂坂公園・クロカン走

垂坂公園は四日市でも屈指とも言える、険しいアップダウンや不整地が特色のコースがいくつか取れ、短時間でもかなり効果的な練習が可能です。

雨天時は伊坂ダム練習に変更も・・・

不整地コースでの練習は、短時間で大きな効果が見込め、夏場にはかなりオススメです。

ただ雨になると、地面がぬかるみやすく、怪我のリスクも高くなってしまいます。

そこで雨天時は伊坂ダムに練習場所を変更して、練習を実施予定。

いずれにせよまだまだ続く今年の酷暑は、坂道を利用した練習メインで、短い練習時間で効果的に走力アップにつなげていきましょう!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事