たいした理由もなく、真夏も真っ盛りのお盆の時期に毎年恒例行事として開催されている、土山マラソン・42.195kmフル試走イベントを今年も8月12日(日)に開催しました。

異常なまでの蒸し暑さのせいか、例年に比べると少数の参加となった今年の土山試走ですが、今日の蒸し暑さは特筆もので、ちょっと身体を動かしただけで汗が滝のように出てくる最悪とも言えるコンディション。

また期待された雨は一向に降ってくる気配もなくと、とにかく異常に蒸し暑いうえ、走るコースは関西でも屈指と言われるアップダウンのきつさを誇る難コース・土山マラソンコース。

走る前から苦戦が容易に想像できるコンディションとなりましたが、4名のメンバーの方が見事42.195kmを完走。

そして残りのメンバーの方も全員30km越えと、見事な走りで土山試走を締めくくって、ここまでの夏場の練習の充実ぶりをあらためて確認することができました!

お盆明けからは秋レース向けメニューに切り替え

今回の土山試走を終えて、いよいよ練習も秋のレースに向けての実戦的な練習メニューに切り替わっていきます。

まだまだ暑い日が続きそうで、しばらくはきついコンディションの中での練習となりそうですが、今の時期にある程度走れていれば、秋に必ずその成果は出てきます。

そう信じて、お盆明けからも暑さに負けず、練習に取り組んでいきましょう!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事