本当にいろいろな形でお世話になりっぱなしの地域に、走りで恩返しをしたい

ここ最近はそんな事を思いながら走る事が多くなった私ですが、まず恩返ししたいのは、いつの間にか自分のメイン拠点としての環境を作ってくださっている伊坂ダム。

その伊坂ダムは四日市市の八郷地区というところにあるのですが、八郷地区はその名の通り8つの村が合併した地区で、その名残で8つの神社が存在しています。

故障中につき八郷神社巡りロードジョグを実施

夏場に入ってからずっと違和感を感じている右膝の外側は、諸々の対策を行なっているにも関わらず、なかなかよくなる気配はありません。

そんなわけで8月に入ってからは、負荷の高い練習は抑えめにしているのですが、そろそろ走り込んでいかないと、11月初旬に挑戦する土山マラソンには間に合いません。

そこで今日はあるイベント開催に向けて、確認したいこともあったため、急遽伊坂ダム「ダムの喫茶店」をスタート地点に、八郷地区にある8つの神社+伊坂丹生水神をめぐる神社巡りジョグを実施することにしました。

八郷の神社巡りは結構きつい・・・

今日も朝から蒸し暑く、走るには最悪とも言えるコンディション。

ただロードジョグというわりには、ゴール目標時間を1時間半以内と設定していた事もあり、走りはじめるとつい力が入ってきてしまい、最初の目的地「伊坂丹生水神」までの1キロの距離を、4分ジャストで到着してしまう形でスタートしてしまいました・・・

この段階では右膝の外側の痛みは相変わらずで、全部の神社を回りきれるのかかなり不安な状態でした。

そんな状態に追い討ちをかけるように、走り始めていくと気温はどんどん上昇していって、さらに湿度も高くと、それほどペースを上げているつもりはなくとも、汗は滝のように吹き出し、呼吸は早々に乱れっぱなしの状態となりました。

さらに八郷地区にある神社の中には、かなり傾斜のきつい坂道や強烈な階段道を上った先にある神社も多く、1つ神社に到着するたびに、もうやめたくて仕方のない状態でした。

それでも大した理由もなくノー給水を貫き続け、8つ目の神社での参拝を終えた時点では、頭はとんでもなく痛く、汗は過去最高クラスに吹き出してと、完全に熱中症の症状が出ていました。

最終目的地は伊坂ダムのお膝元にある鶴澤神社

それでもなぜか脚はよく動き、今日最後の9つ目の参拝地は伊坂ダムのお膝元とも言える位置にある「鶴澤神社」。

この神社で参拝する際も、ルートの取り方次第では、強烈な階段道が待っています。

今日はあえてこの強烈な階段道を駆け上がって、最終目的地となった鶴澤神社にて参拝して、今日の神社巡りランは終了。

終了後、GPS時計で確認してみると、走行距離は15.82キロ、走行時間は1時間28分19秒と、当初目標としていた1時間半以内での完走はなんとか達成する事ができました。

なんだかんだで癖になりそうな神社参拝タイムトライアル

鶴澤神社に到着した段階では、意識は完全に朦朧状態で、歩くのも困難な状態になっていました。

ただ走り終わって気づいた事は、右膝外側の痛みは知らないうちに全くなくなっていたという事。

おかげで最後までそれほどペースを落とさず走り続ける事ができ、気がつけば神社巡りジョグの予定から趣旨は思いっきり変更して、結構ガチ走りの神社巡りタイムトライアルに変更していました・・・

なんだかんだで8つの神社+水神様を探しながら走りまわりながら参拝していくのは、かなりきつかったけど本当に楽しく、次回はさらなるタイム更新に向けて、また挑戦したくなる魅力があるように感じました。

今回は2つほど神社の位置を把握しないままスタートしたわりには、地図もろくに見ずに走っていたため、2〜3度思いっきり道に迷い、大きく時間をロスしました。

そのロスに加えて、ルートをもっと工夫すれば、そして今日ほど蒸し暑くなければ、あと10分近くはタイム更新できる気もしています。

・・・と思っていた以上に楽しく、しかも質の高い練習ができる事も判明したという事で、今後も走りこみ練習の一環として神社巡りランを取り入れていこうと思っています!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事