12月2日(日)はお伊勢さんマラソンを含め、チームのかなり多くのメンバーの皆さんがレースに出場します。

そんなレース直前の1週間前は、最終刺激を入れておくと、レース本番で身体のキレがよくなるなどの効果が期待できるとされています。

そこで祝日に当たる11月23日(金)を含めた今週末は、12月2日のレースに向けた最終刺激メニューを実施します。

3日間の練習メニューは、下記の通りです。

11月23日(金・祝)10キロペース走

勤労感謝の日に当たる23日は、中央緑地公園トラックにて、最終刺激メニューの王道とも言える10キロペース走を実施します。

10キロレースペースで走るペースは、ハーフマラソンの目標ペースよりキロ5〜15秒速い、かなりきついペース。

この時期にレースペースより速いペースで10キロと比較的長い距離を走ることで、レース本番に向け身体に刺激を入れたいとお考えのメンバーの方は、できればこの日に練習にご参加ください。

11月24日(土)ハーフペース走

そして24日(土)に実施するのは、霞ヶ浦緑地トリムコースにて、ハーフマラソンの目標ペースを想定して10〜12キロ前後の距離を走るハーフペース走。

ハーフマラソンは意外とペースを作るのが難しく、直前期にペース感覚を把握しておくのは、レース対策としてかなり有効な手段。

特にハーフマラソンでいつもペースがおかしくなる・・・とお考えのメンバーの方は、この日の練習にご参加ください。

11月25日(日)起伏刺激走

お伊勢さんマラソン含め、12月2日に開催されるレースはなぜかアップダウンのきついコースも多く、起伏のあるコースを走っておくのもレース対策につながります。

またきつい坂道の多い伊坂ダムは、それほどペースを上げなくても、心肺に大きな刺激を入れる事ができ、直前刺激にも最適です。

自分のペースでご参加ください

上記3日間では、走る距離は10キロ前後と短いですが、負荷は結構高めのため、下手するとレース直前期に大きな疲労を残しかねません。

そこでこの3日間はコンディションを整える事を最優先に。

そして必要に応じて、3日間のメニューを選択いただき、レース本番に向けて万全の状態に持っていきましょう!!

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事