1. HOME
  2. ブログ
  3. 走力別グループ分けと練習内容 マラソンチーム・セカンドウィンド四日市

走力別グループ分けと練習内容 マラソンチーム・セカンドウィンド四日市

マラソンでは走力に合わせた負荷の適正なペースそしてメニューを行うことが、走力アップへの一番の近道です。

そこでセカンドウィンド四日市では、ABCDの4つ+1つのグループに分けて、グループごとに応じたメニューを行っています。

セカンドウィンド四日市のグループ分けは、主に下記の通りとなっています。

グループA フルマラソン・サブ3そしてさらに上を目指して

このグループは主にフルマラソン・サブ4もしくはハーフマラソン1時間55分切りを達成された市民ランナーの皆さんが、フルマラソン3時間45分→3時間半→3時間15分→サブスリー(3時間切り)を目指して、少しきつめの練習を行っています。

練習メニューは平日夜はインターバルやペース走などのスピード強化練習、土曜午前は20~30キロの距離走などのスタミナ強化メニューが中心です。

グループB フルマラソン・サブ4に向けて

このグループは主にフルマラソン5時間切りもしくはハーフマラソン1時間20分切りを達成された市民ランナーの皆さんが、フルマラソン4時間45分→4時間半→4時間15分→サブフォー(4時間切り)を目指して、少しきつめの練習を行っています。

練習メニューは平日夜はAグループより少し負荷の軽めのインターバルやペース走などのスピード強化練習、土曜午前は15~25キロの距離走などのスタミナ強化メニューが中心です。

グループC フルマラソン・サブ5に向けて

このグループはフルマラソンもしくはハーフマラソンを完走された市民ランナーの皆さんが、さらに走りの土台を固めていただき、フルマラソンで5時間およびハーフマラソン2時間半20分切りを目指していきます。

練習メニューは平日夜は余裕のあるペースから徐々にペースを上げていくビルドアップ走など、土曜午前はかなりゆっくりのペースで1時間半から2時間半の長い時間を走るスタミナ強化メニューが中心です。

グループD フル・ハーフマラソン完走に向けて

このグループはこれからハーフマラソンそしてフルマラソン完走を目指す方が、ランニングの基礎を固め、無理なく走る距離を伸ばしていくための練習を行っていきます。

練習メニューは平日夜はジョギングと短い距離を少し速めのペースで走るウィンドスプリント、土曜午前は1時間から1時間半の時間を本当にゆっくりとしたペースで走る(歩きも入れてOK)メニューが中心です。

まずは現状の走力を確認してみましょう

マラソン練習で何より大切なのは、練習を継続していく事です。

そのためには故障しない事が何より大切で、無理をしすぎずに練習を続けていく必要があります。

ただいつも余裕のある練習をしているだけでは、走力も思うように向上していかないため、無理のない範囲で適正な負荷で練習を継続していく意識がかなり重要。

ただ適正な負荷というのは、特に初心者の方は分かりにくいもので、「頑張っているけどなかなか走力がアップしない」「頑張りすぎか故障ばかりする」「ランニングをはじめたけどどんな練習をしていいかわからない」という方は多いのでは?

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度セカンドウィンド四日市練習会の無料体験にご参加いただき、今後どのような練習をしていけばいいかお気軽にお尋ねください!!

練習会無料体験について詳しくはこちら

 

関連記事

関連サイト

 

代表ツイッター