• 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

今週末には大阪マラソンの他、静岡県では大井川マラソンも開催されといよいよフルマラソンシーズンも本格化してきます。

そんなフルマラソンに出場する直前にどうしても行っておきたい事、それが「カーボローディング」です。

カーボローディングとは

そこで今回の記事では「カーボローディングとはいったい何か?」ということについて書かせていただきたいと思います!

カーボローディング(Carbohydrate Loading)とは和訳すると「炭水化物を貯め込む」といった意味で、その意味のとおり体内に炭水化物を貯め込むための食事方法の事を言います。

ランニングの際の最大のエネルギー源となるのが炭水化物より摂取できエネルギー源としての分解が容易な「グリコーゲン」、そのグリコーゲンを貯め込む事が炭水化物を貯め込む目的となるためカーボローディングは別名「グリコーゲン・ローディング」とも言われます。

このグリコーゲンを体内に多く貯め込めば貯め込むほど、長時間走り続けるためのエネルギーを体内に多く蓄えられた状態で走る事が出来る訳ですが、このグリコーゲンを体内に貯め込んでおけるのは肝臓や筋肉などごくごくわずかの場所に限られてしまいます。

フルマラソンに必要なカロリー数は?

フルマラソンを走るためには2500キロカロリーが必要とされると言われているのですが、通常人間が体内に貯め込んでおけるグリコーゲンの量は1600キロ前後と言われています。

つまり通常通りに炭水化物を貯め込んでいては、フルマラソンを走り切るエネルギーがどうしても足らなくなってきてしまいます。

そこで研究が進んだのが筋肉のグリコーゲンを最大まで増やす食事法「カーボハイドレート・ローディング」いわゆるカーボローディングです。

カーボローディングには2種類あります

このカーボローディングの方法には「古典的方法」と「簡易法」の2つがあります。

この2つのうち古典的方法については実施に1週間かかり、大阪マラソンや大井川マラソンに出場される方が今から実施するのは既に不可能・・・

そこで次回の記事ではレース3日前から実施する事が出来る「簡易法」について書かせていただきたいと思います!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事