ラン食

カーボローディングにプラスしたい栄養素「クエン酸」

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

前回の「マラソンレース本番3日前からの食事法」の記事で書かせていただいたとおり、フルマラソン本番に臨む3日前よりは炭水化物を中心とした食事をとる事でグリコーゲンを身体に貯め込んでおく事が重要になります。

・・・が3日間炭水化物ばかり摂っていると、いい加減飽きてしまいかえってストレスとなりかねません。

ストレスがたまった状態では到底レース本番でいい結果はのぞめないため(この程度ではストレスにはならないという方のが多いという話もありますが・・・)、「できればプラスアルファで他の食材も食べたい!」などとお考えの方も多いはず。

そこで今回は「レース直前3日前は炭水化物以外に何を食べればいいか?」という事について書かせていただきたいと思います。

レース3日前からオススメのクエン酸

レース直前3日前に摂りたい糖類(グリコーゲン)の次におススメの栄養素はずばり「クエン酸」です。

クエン酸はグリコーゲンの分解を抑える効果があり、体内にグリコーゲンを貯め込んでおく大きな助けとなる栄養素です。

またクエン酸には他にも疲労回復、血液さらさら効果、キレート作用(身体の酸化を予防する効果)、そしてストレスを軽減する効果など、いかにもレース本番に向けての調整期に大切なキーワードが盛りだくさんです!

クエン酸を多く含む食べ物は?

そんなクエン酸を摂取するのに最適な食べ物はと言いますとレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、トマトやいちごそしてお酢や梅干し、キムチなどが挙げられます。

またオレンジやグレープフルーツの100%ジュースは非常に飲みやすく、身体への吸収もいいためクエン酸を摂取するためにおススメの食材(飲み物?)と言えます。

フルマラソン後半での失速を防ぐために・・・

レース前にはエネルギーを蓄えることと同時に、疲労を回復することも非常に重要な要素になってきます。

その疲労回復にも効果的なクエン酸はグリコーゲンと並ぶレース直前に必須の栄養素と言えます。

「お米や麺類などでお腹を満たして、クエン酸系でアクセントをつける」、こんな食事法がレース3日前からは一番のおススメです!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. 故障や風邪予防に大切な役割を果たすビタミンC
  2. レース直後の疲れ切っている時の食事で意識したい3つのポイント
  3. 食事がマラソンに及ぼす3つの役割
  4. マラソンレース前日によく眠るための飲み物は?
  5. マラソンで重要な食事が担う3つの役割
  6. レース1週間前から食事で疲労をしっかり抜くために抑えておきたい3…
  7. フルマラソン5〜7時間完走目標の方がエネルギー源を枯渇させないた…
  8. 脂質の代謝を助けダイエット効果も期待できる「ビタミンB2」

SWYからのお知らせ

最新記事

残暑厳しい時期の走り込みにロング走が最もオススメな理由は?

秋のフルマラソンのためには8月半ばから走り込みが必要8月も半ばを過ぎ、秋のレースシーズンが確実に…

短い時間で大きな効果が見込めるヒルトレーニングにオススメの坂道は四日市ドーム?

高効率マラソントレ・ヒルトレーニングはどんな坂道で?ランニングフォームの改善など、短時間で大きな…

名著に学ぶレペティションの具体的な実施方法

ヒルトレーニング同様夏場にオススメなレペティション先日夏場にオススメなトレーニングとしてヒルトレ…

湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策

気温が高い日より湿度の高い日の方が危険?今年の夏は気温こそそれほど上がらないものの、とにかく湿度…

夏場にオススメな短時間高効率マラソントレーニング「ヒルトレーニング」とは?

暑い夏場はできれば短い練習で切り上げたいところお盆は過ぎようとしていますが、まだあだしばらくは蒸…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP