こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

前回の「マラソンレース本番3日前からの食事法」の記事で書かせていただいたとおり、フルマラソン本番に臨む3日前よりは炭水化物を中心とした食事をとる事でグリコーゲンを身体に貯め込んでおく事が重要になります。

・・・が3日間炭水化物ばかり摂っていると、いい加減飽きてしまいかえってストレスとなりかねません。

ストレスがたまった状態では到底レース本番でいい結果はのぞめないため(この程度ではストレスにはならないという方のが多いという話もありますが・・・)、「できればプラスアルファで他の食材も食べたい!」などとお考えの方も多いはず。

そこで今回は「レース直前3日前は炭水化物以外に何を食べればいいか?」という事について書かせていただきたいと思います。

レース3日前からオススメのクエン酸

レース直前3日前に摂りたい糖類(グリコーゲン)の次におススメの栄養素はずばり「クエン酸」です。

クエン酸はグリコーゲンの分解を抑える効果があり、体内にグリコーゲンを貯め込んでおく大きな助けとなる栄養素です。

またクエン酸には他にも疲労回復、血液さらさら効果、キレート作用(身体の酸化を予防する効果)、そしてストレスを軽減する効果など、いかにもレース本番に向けての調整期に大切なキーワードが盛りだくさんです!

クエン酸を多く含む食べ物は?

そんなクエン酸を摂取するのに最適な食べ物はと言いますとレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、トマトやいちごそしてお酢や梅干し、キムチなどが挙げられます。

またオレンジやグレープフルーツの100%ジュースは非常に飲みやすく、身体への吸収もいいためクエン酸を摂取するためにおススメの食材(飲み物?)と言えます。

フルマラソン後半での失速を防ぐために・・・

レース前にはエネルギーを蓄えることと同時に、疲労を回復することも非常に重要な要素になってきます。

その疲労回復にも効果的なクエン酸はグリコーゲンと並ぶレース直前に必須の栄養素と言えます。

「お米や麺類などでお腹を満たして、クエン酸系でアクセントをつける」、こんな食事法がレース3日前からは一番のおススメです!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事