こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

レース本番の直前になるとほとんどの方が抱える心理が「レース本番への不安」です。

そこで今回の記事ではレース直前期にほとんどの方が感じるであろう「レース前の不安感を克服する方法」について書かせていただきたいと思います!

レース前日は誰もがナーバスに・・・

レース直前になると「全然走り込めていないのでは?」「走る量を減らすと走力が落ちてしまうのでは?」「レース本番でとんでもないトラブルが起こって今までの練習が全く無駄になるのでは?」などとあらゆる不安が頭をよぎるようになります。

また些細な身体の痛みや違和感を必要以上に気にしてしまい、そわそわした状態になるという事も本当によくある事です。

こうした不安がピークに達すると余計に走りすぎたり、ストレスが必要以上にたまりすぎたりと思わぬ悪循環に陥る可能性が高くなってしまいます。

不安を取り除く方法は?

そんなレース直前に多くの方が抱える不安感を取り除く方法、それは「開き直る」ことだけです。

「レース前に不安感を感じるのは自分だけでなく誰もが同じ」、「感じている不安のほとんどは実際には起こりえない」こんなポジティブな考え方を持つ事はレース本番でも必ず生きてきます。

また万が一レース本番でうまくいかなかったとしても「なかなかうまくいかないからこそ、実力を出し切れて走れたときの達成感ははかりしれない!だから次頑張ろう!!」くらいに考える事ができれば、後に続くレースがむしろ楽しみになってくると思います。

マラソン、特にフルマラソンは肉体面より精神面の強さが問われるスポーツと言えます。

いざレース本番になったとき「いかに冷静な判断が出来るか?」、「不安に打ち克つ事が出来るか?」、そして「レース中には自分に負けそうになる気持ちを打ち消せるか?」、そんな精神面の強さは経験を積み重ねる事でなにより強化されていきます。

こうした経験から得られた精神面の強さはマラソンのみならず、人生のあらゆる場面で必ず役に立つ事は間違いありません!!

レース本番は何より落ち着いて!

以上いろいろと書かせていただきましたが今回の記事で書かせていただきたい事は「レース直前は開き直ってリラックスしましょう!」ということだけです。

仮に失敗レースに終わったとしても「思っているほど人は他人のレース結果など気にしていない」というのが現実(?)なので、人の目を気にしてレースに挑戦するのは意味がない事だったりします・・・

・・・というわけでこれからレースに出場される皆様が、誰もが感じるであろう不安感とうまく折り合いをつけながら、持ち前の度胸を発揮いただき、レース本番で練習の成果を存分に発揮されることを切に祈りたいと思っています!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
ケアの関連記事
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」とは?
  • 頑張ったマラソンレース翌々日あたりに起こってしまいがちな筋肉痛になる理由は?
  • マラソンレースを終えた後にどのくらい休養日を入れた方がいいかの目安
  • インターバルや距離走などのポイント練習の翌日は回復日にしたい2つの理由
  • ランニングシューズを足にフィットさせるために大切な「ヒールロック」
  • ランナーそれぞれの身体に合ったフォームをつくるために知っておきたい4スタンス理論
おすすめの記事
ランニング
つい避けてしまいがちな雨の日のランニングですが、実はいくつかのメリットもあることについて書かせていただいています。...