ランニング

頑張ったマラソンレース翌日にやっておくべきこと

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

前日のマラソンレースで頑張りすぎて筋肉痛になっている方や疲労がピークに達している方はかなり多いはず。

そんな方のほとんどは今日は身体を動かさずに、ゆっくり休みたい・・・と考えたくなるもの。

ですが実は完全に休まず「レース翌日こそ走っておくべき」という場合がほとんどだったりします。

・・・と言いますのも特にフルマラソンでは普段走らないような長い距離をしかも結構なペースで走ってと無理をしているため体内にはかなりの疲労物質がたまっていて、そのまま放置しておくとその疲労物質が体内で悪さの限りをつくしさらに筋肉痛や疲労を激しいものにしてしまいます。

そこでレース翌日は少しでもいいので軽いジョギングをしておくと血流がよくなり疲労物質が程よく抜け、その後の疲労回復効果が大きく変わってくる事となります。

しばらくはジョグで疲労抜き

ポイントは本当にゆっくりペースで軽い気持ちで走る事。

レース翌日は何とも言えない開放感があり、ジョギングをしていると気分がスッと軽い気持ちになれ意外な程心地よかったりします!

距離は人それぞれですがあの高橋尚子さんを育てた小出義雄監督が率いる佐倉アスリート倶楽部では、レース翌日はロングジョグをこなしているようです。

血行がよくなるものを食べましょう

そしてさらにそのジョギング後に、血行をよくする効果のあるタマネギやカレーなどを食べると、さらに疲労もよく抜け筋肉痛も取り除けるためおススメです。

無理なく疲労を抜いていきましょう!

以上のようにレース翌日は完全に休むより少しでも身体を動かす方がいい場合が多いのですが、ひとつ言える事は「絶対に無理をしない」こと。

レースで怪我や痛みのある方は当然その回復が最優先、そしてレースのウップンがたまっているからと言って息が切れるほどのペースで走る事は間違いなく逆効果のため、無理なく軽く楽しく身体を動かしていただきレース翌日の疲労抜きにつなげていただければと思います!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. マラソンで最適ペースを把握するうえで最重要数値となる「ATペース…
  2. 走り込みシーズン初期のタイミングにおすすめの「時間走」
  3. 暑い時期にもオススメの200mインターバル・フルマラソン目標タイ…
  4. ランニングシューズの洗い方
  5. Featured Video Play Icon
    ランニングフォーム動画でまずチェックしておきたい6つのポイント
  6. 平日の短い時間を利用して効果的に走力アップしたい方にオススメの「…
  7. 初心者は週にどのくらいの日数走ればいいの?
  8. ロング走を実施した後にオススメの坂道ダッシュとはどんな練習?

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP