• SWYからのお知らせ
    3月25日(日)内部地区ロゲイニング大会に参加しませんか?
    2018年2月22日
  • SWYからのお知らせ
    2月19日〜3月2日まで中央緑地トラック使用不可のため練習場所を一部変更します
    2018年2月8日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市 2018年度年間強化スケジュールの一部を変更しました
    2018年2月22日
頑張ったマラソンレース翌日にやっておくべきこと

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

前日のマラソンレースで頑張りすぎて筋肉痛になっている方や疲労がピークに達している方はかなり多いはず。

そんな方のほとんどは今日は身体を動かさずに、ゆっくり休みたい・・・と考えたくなるもの。

ですが実は完全に休まず「レース翌日こそ走っておくべき」という場合がほとんどだったりします。

・・・と言いますのも特にフルマラソンでは普段走らないような長い距離をしかも結構なペースで走ってと無理をしているため体内にはかなりの疲労物質がたまっていて、そのまま放置しておくとその疲労物質が体内で悪さの限りをつくしさらに筋肉痛や疲労を激しいものにしてしまいます。

そこでレース翌日は少しでもいいので軽いジョギングをしておくと血流がよくなり疲労物質が程よく抜け、その後の疲労回復効果が大きく変わってくる事となります。

しばらくはジョグで疲労抜き

ポイントは本当にゆっくりペースで軽い気持ちで走る事。

レース翌日は何とも言えない開放感があり、ジョギングをしていると気分がスッと軽い気持ちになれ意外な程心地よかったりします!

距離は人それぞれですがあの高橋尚子さんを育てた小出義雄監督が率いる佐倉アスリート倶楽部では、レース翌日はロングジョグをこなしているようです。

血行がよくなるものを食べましょう

そしてさらにそのジョギング後に、血行をよくする効果のあるタマネギやカレーなどを食べると、さらに疲労もよく抜け筋肉痛も取り除けるためおススメです。

無理なく疲労を抜いていきましょう!

以上のようにレース翌日は完全に休むより少しでも身体を動かす方がいい場合が多いのですが、ひとつ言える事は「絶対に無理をしない」こと。

レースで怪我や痛みのある方は当然その回復が最優先、そしてレースのウップンがたまっているからと言って息が切れるほどのペースで走る事は間違いなく逆効果のため、無理なく軽く楽しく身体を動かしていただきレース翌日の疲労抜きにつなげていただければと思います!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事