ケア

レース前日になによりも大切な睡眠はどれくらいとれば?

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

レース前日になると、いよいよ明日はレースという事でどうも落ち着かず「ついつい夜更かししてしまう・・・」方は意外と多いそうです。

・・・がレース前日になによりも大切な事はしっかりとした睡眠をとることで、疲労をしっかり抜いた状態でレース本番に向かう事!

そこで今回の記事ではレース本番でベストの状態で臨むために「レース前日はどれくらい寝ればいいのか?」について見ていきたいと思います。

レース直前はできれば8時間睡眠で

フルマラソン・レース前日から当日にかけてどのくらいの睡眠時間を確保すべきかと言いますとできれば8時間、最低でも6時間は確保したいところです。

「そんなに長く眠れない・・・」という方は結構多いのではないかと思いますが、眠りにつけなくても横になっているだけでも疲労を抜く事は十分可能です。

なので必要以上に「眠りにつく」事を意識し過ぎると余計に眠れなくなるため、レース前日は横になって「身体を休める」ことを心がければじゅうぶんで、現に「実際には30分くらいしか眠れなかったけど、早い時間から横になっていたので思ったよりレースで好結果が出た!」という方は多くいらっしゃいます。

レース当日の起床タイミングは?

またレース当日は身体が完全に目覚めた状態でスタートするため、スタート時間から4〜5時間前には起床しておく必要があります。

・・・と考えるとレースが仮に9時からスタートするとすると、遅くとも5時には起きる必要があり、その5時までに6〜8時間の睡眠を確保しようとすると夜の9時から11時には眠る必要があります。

「こんな時間にいつも寝ていない・・・」という方はかなり多いと思いますが、そんな方はレースの前日早起きをしてあえて夜早く眠くなる状態を作るのもひとつの手と言えます!

レース前日はいいイメージを持って寝るようにしましょう!

どちらにせよレース前日は何かと落ち着かずついついいろいろな事を考えがちで、何をしていたとしても集中する事は難しいはず。

・・・であれば思い切ってはやく布団の中に入って、レース本番で颯爽と走り抜ける自分をイメージしながら眠りにつく事がレース前日の夜ベストの過ごし方と言えます。

先日の「レース前の誰もが感じる「不安」を克服する方法は?」の記事でも書かせていただきましたが、レース直前に一番大切なのは開き直ってリラックスした状態で本番にのぞむこと!

変にいろいろな事を考えず早く布団に入って気持ちよく寝ていただく事で、レース本番万全の状態でのぞまれる方が多くいらっしゃる事を心より願っております!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

関連記事

  1. フルマラソン直後のクールダウンでの静的ストレッチは実は危険?
  2. レース前の緊張しているときに注意したい過換気症候群
  3. 走っている時にひざの外側が痛む腸脛靭帯炎とは?
  4. セルフマッサージはいつでもできる疲労回復法
  5. 積極的休養(アクティブレスト)と消極的休養(ネガティブレスト)を…
  6. レース直前の緊張をやわらげるためにオススメの「リラクセーション」…
  7. ランニング時に起こりやすい肉離れとはどんな症状?
  8. 故障予防のために大切な「アイシング」で得られる4つの効果

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ

フルマラソンの練習は30キロ走まで?よく聞くフルマラソンのトレーニングの常識の一つに「どれだけ長…

ワクワクする目標を達成するために大切なショートゴールの設定

達成に向けてのプロセスがあいまいな目標は夢物語?秋のマラソンレースシーズンに向けて、まずやるべき…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP