• SWYからのお知らせ
    2月19日〜3月2日まで中央緑地トラック使用不可のため練習場所を一部変更します
    2018年2月8日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市 2018年度年間強化スケジュールの一部を変更しました
    2018年2月22日
  • SWYからのお知らせ
    3月25日(日)内部地区ロゲイニング大会に参加しませんか?
    2018年2月22日
レース前日に念入りにやっておきたいストレッチ

こんにちは。セカンドウィンド四日市代表の多田夏彦(@runsismie)です。

明日は天気が少し心配されますが全国各地でマラソン大会が開催されます。

そのレース前日に実施しておきたいものとして、疲労を抜いた状態でレース本番に向かうために大切な「睡眠」と「入浴」の二つを書かせていただきました。

レース前日になによりも大切な睡眠はどれくらいとれば?
レース前日の疲労回復のために大切な入浴の方法は?

そして疲労抜きのためにもう一つ大切なこととして「念入りなストレッチ」があります。

そこで今回の記事ではレース前日のストレッチのポイントについて書かせていただきたいと思います。

ストレッチを実施するタイミングは?

レース前日のみならずストレッチを念入りに行うために一番適したタイミングとしてよく言われるのが、入浴後の時間です。

入浴をする事で身体が温まると筋肉が柔らかくなり、伸ばしやすくなります。

さらに入浴後は精神的にもリラックスしているため筋肉が弛緩している事もあり、より効果的なストレッチが出来るとも言われています。

実施したいストレッチメニューは?

またレース前日のスチレッチでは座った姿勢や寝た姿勢で実施できるものを中心に実施すべきです。

・・・と言いますのもたった姿勢に比べると、座った姿勢や寝た姿勢で実施した方が安定するため、ストレッチで伸ばしたい筋肉をより効果的に伸ばす事が出来るからです。

普段走った後には立ったままの姿勢で実施できるストレッチを実施される方は多いと思いますが、レース前日くらいは座ったり寝たりの姿勢でストレッチを実施する事で、じっくり筋肉の疲労を体内から抜く事を心がけましょう!

ただ筋肉を必要以上に伸ばしすぎて痛めてしまっては元も子もないので、ストレッチ実施の際には「ジワジワ」伸ばすよう注意することが必要となります。

レース前日のストレッチの効果

レース前日は疲労回復効果のみならず、レース前日に可動域を広げる事でレース当日の動きをスムーズにする効果もあります。

そんな疲労回復にもレース当日の動きづくりにも効果のあるレース前日の念入りなストレッチ、緊張を取り除いてリラックスした状態で睡眠につくためにも必ず実施するようにしましょう!!

 

レース直前期にオススメの記事目次

レース10日〜1週間前のアドバイス

レース3〜4日前のアドバイス

レース前日のアドバイス

レース当日直前のアドバイス

レース本番のアドバイス

レース直後のアドバイス

レース翌日のアドバイス

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




関連キーワード
マラソンレースの関連記事
  • フルマラソンレース4〜5日前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース1週間前に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース当日の朝に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース前日に心がけたい3つのポイント
  • フルマラソンレース本番3日前から心掛けたい3+1つのポイント
  • マラソンレース本番の2〜3週間前から実施していきたい「テーパリング」の実施方法
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事
1000mX10〜15本・ロングインターバル走
ランニング
スピード強化よりスタミナ強化を主な練習目的に置いた1キロインターバルx10〜15本の練習メニューについて書かせていただいています。...