• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

フルマラソンなどマラソンのレースに出場される方が3日前から最優先で行うべき事は、今までの練習でたまった疲労を体内から抜く事です。

そのための方法として走る量を減らしたり、睡眠をしっかりとったり、食事を工夫したりと行った方法をこのブログでも紹介させていただきました。

そしてもうひとついつでもできる疲労回復方法としておススメなのがセルフマッサージです。

そこで今回はレース前に特に実施したい「セルフマッサージとはどのようなものか?」ということについて書かせていただきたいと思います。

セルフマッサージとは

マラソンでマッサージと言うと専門のトレーナーの方にやっていただく方法を思いつかれる方は多いと思いますが、実際には時間や金銭的な問題もあって「いつでも手軽に!」というわけにはいかない方がほとんどだと思います。

そこで今回おススメするのがセルフマッサージ、セルフマッサージとはその名のとおり自分でマッサージをする事です。

ランニングにオススメのセルフマッサージ

自分でマッサージが出来る範囲はどうしても限られてしまいますが、今回おススメするのは主にランニングで最も酷使される箇所と言える脚部の筋肉のセルフマッサージです。

そんなセルフマッサージを実施する際のポイントとして
・軽くこするイメージで
・身体の末端から心臓へ血液を送り出すイメージで
・強く揉んだり押したり、つまんだりしない
・肌の弱い方はクリームなどで皮膚を保護する
以上4点を意識することでより効果が見込めます。

特に重点的にセルフマッサージを行いたい部位は?

そしてそのセルフマッサージでは特に
●ふくらはぎ・・・下から上の方へ手のひらを使って軽くこする
●太もも・・・前・後のそれぞれを心臓に向かって軽くこする
の2カ所を重点的に実施します。

また多くのツボがある足裏は手を使ってやるのでなくゴルフボールなどを足の上にのせてころがすようにすると、そのツボが刺激されるうえ血行が良くなり疲労がより効率的に抜けるため、上記セルフマッサージの前に実施するとより効果的です!

セルフマッサージの目的は疲労回復の補助

以上のように手軽にいつでも出来るセルフマッサージはレース直前期には特に実施しておきたいものですが、注意したいのは思わず力を入れすぎ強く揉みすぎたり、押したりで筋肉を痛めないようにすること、またアキレス腱などを強くつまむのも絶対にNGです。

セルフマッサージの目的はあくまで疲労回復の補助的な役割、力を入れずゆっくりと血液を心臓に向かって送り出すイメージでうまく身体の疲労を抜く事で、レース本番に万全の体制でのぞんでいただければと思います!!

 

関連サイトはこちらから

セカンドウィンド四日市を運営する「らんしす」のホームページはこちら

セカンドウィンド四日市代表・多田の個人ブログはこちら

スポンサードリンク




ケアの関連記事
  • インターバルや距離走などのポイント練習の翌日は回復日にしたい2つの理由
  • ストレッチポールを持っているなら絶対オススメの「公式ストレッチポール&ひめトレBOOK」
  • ランナーそれぞれの身体に合ったフォームをつくるために知っておきたい4スタンス理論
  • Featured Video Play Icon
    ランニング障害予防に向けてまずオススメのストレッチポールエクササイズ「ベーシックセブン」
  • ランニング障害の大きな要因となる身体の歪み改善に最適のストレッチポール
  • 湿度の高い日のランニングがかなりきつい理由とその対策
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事