ランニング

坂道ダッシュとはどんなトレーニング?

先日の「いびがわコース対策にもレース前の刺激入れにもなる「坂道ダッシュ」」の記事でも紹介させていただきました坂道ダッシュ。

この坂道ダッシュはジョギングなどのプラスアルファとしても実施できるトレーニングですが、メイン練習としても十分実施できるトレーニングです。

 

そこで今回の記事では「下手なインターバル走よりもきつい・・・」とおっしゃる方も多い「坂道ダッシュとはどのような練習か?」という事について書かせていただきたいと思います。

坂道ダッシュには指導者によって様々な方法があるようですが、SWAC四日市で推奨している坂道ダッシュは登り坂を全力の80%くらいのスピードで走って、その上った坂道をゆっくりジョギングで下る、この2つを何度か繰り返すトレーニング方法です。

その走る距離は50m〜200m程度でよく、傾斜はきつすぎずゆるすぎずの坂を選んで実施します。(個人差があると思いますが・・・)

実際傾斜がゆるすぎると坂道ダッシュとしての効果は少なく、また傾斜がきつすぎると登る時はフォームが崩れやすく、下りでは脚を痛める可能性が高くなるため注意が必要です。

 

そんな坂道ダッシュは100mを越える坂で5〜10回と繰り返すと、先日紹介させていただいたインターバル走と同様の効果が見込めるトレーニングともなります。

ただインターバル走に比べると疾走の時間に比べて、ゆっくりジョギングで疲労を抜く時間が長くなりすぎるため、下り坂では少し速めのジョギングを入れるなどの工夫をすると、より坂道ダッシュの効果が上がります!

 

坂道ダッシュは身体への負荷は結構高いため、はじめる前にジョギングなどでじゅうぶん身体を温め、走り終わった後には十分なクールダウンを実施する必要があります。

 

そんな坂道ダッシュは走る距離が短い事もあり、10〜15分程度とかなり短時間で練習を実施し終える事ができますが、その練習効果は多くのものが見込める高効率トレーニング!

そこで次回の記事ではその坂道ダッシュの練習効果について書かせていただきたいと思います!!

関連記事

  1. 三重県屈指の強豪高校「伊賀白鳳高校」に学ぶ長距離トレーニング
  2. インターバル走で最も鍛えたい「最大酸素摂取量」とは?
  3. SWAC四日市・鹿島槍夏合宿1日目
  4. ランニングでサングラス着用をお勧めする4つの理由
  5. 平成の常勝軍団「駒澤大学」に学ぶ長距離トレーニング
  6. フルマラソンのレース結果を大きく分ける「LT」とは?
  7. フルマラソンに向けて一度は実施しておきたい40kmLSDのススメ…
  8. 今こそ見直したいマラソンの基礎中の基礎練習・ジョギングによるうれ…

SWYからのお知らせ

最新記事

9月23日(土・祝)・24日(日)滋賀県希望が丘文化公園にて遠征練習会を実施

セカンドウィンド四日市では9月23日(土・祝)、24日(日)の2日間に渡って、滋賀県希望が丘文化公園…

(メンバー限定)希望が丘文化公園遠征練習会フォトギャラリー

枚数も少なく、あまりいい写真もありませんが、9月23日(土・祝)、24日(日)の2日間にわたり実施し…

9月23日(土・祝)・24日(日)開催の遠征練習会のスケジュールを変更します

9月23日(土)~24日(日)セカンドウィンド四日市では滋賀県の希望ヶ丘文化公園をメインに遠征練習会…

9月17日(日)開催予定の40kmLSDを中止とさせていただきます。

セカンドウィンド四日市にて9月17日(日)南部丘陵公園南ゾーンスタートで実施予定でした40kmLSD…

効率的に酸素を身体中に行き渡らせるために「毛細血管」を発達させよう!

酸素を身体中に行き渡らせるために最も重要なのは?マラソンのように長時間にわたり、身体を動かし続け…

スポンサードリンク




facebookページ

セカンドウィンド四日市のtwitter

PAGE TOP