理想のクールダウンストレッチメニュー作りを目指して

SWAC四日市の定期練習会の最後にはクールダウンストレッチを実施しています。

IMG_7687

一昨年の2011年12月より開始したSWAC四日市の定期練習会ですが、開始直後からこのクールダウンストレッチのメニューまったく変更していませんでした。

・・・がSWAC四日市としての今年の最大のテーマを「シーズンを通してケガをしない身体づくり」とした中で、走った後の身体のケアは欠かせないため、クールダウンストレッチメニューの改善は必要不可欠と考えていました。

そんな矢先に発売されたTarzan (ターザン) 2013年 9/12号 [雑誌]

本当に効くストレッチがランキングされているという、今のクラブにとってピンポイントな特集を参考に、ここ最近のSWAC四日市定期練習会ではストレッチメニューを微妙ながら改善そして追加を行っていました。

そして昨日も改善版のストレッチを午前・午後の定期練習会ともに行っていたのですがやっていて「このままではダメだ・・・」という結論に至りました。

自分が考える定期練習会後に実施するクールダウンストレッチに欠かせない条件として
・立ったままできる
・ランニングで酷使した筋肉を重点的に
・身体がかたい人間でもある程度はできる

の3点があります。

それに加えて今後は
・各部位で最も効果があるものを実施する
・正しい姿勢で実施する
・正しい順番で実施する

の3つを大きなポイントとして実施したいと思っています。

その中で昨日のストレッチで引っ掛かったのが「正しい順番で実施する」というポイントでした。

このストレッチの順番、「別にどの順番でもいい」「体の末端から中枢に向けて」など諸説ありどれが一番いいのかはよくわからないのですが、個人的にはランニングでたまった疲労物質を取り除くため、「体の末端から心臓部に向けて血液を送り込むイメージで実施」することには意味があるはずです。

さらに太ももの前側「大腿四頭筋」と太ももの後ろ側の「ハムストリング」、「胸部」と「肩甲骨回り」などといった「身体の表裏の関係にある部位はセットメニューとして連続で行う」ことにも意味があると考えています。

その2つの考えが昨日のストレッチでは全く反映されていませんでした・・・

クールダウンストレッチの一番の目的は「ランニングで使った筋肉・身体の疲労回復」

せっかくやるのであれば「最大限の効果が期待でき」て、なおかつ「気持ちよくできる」メニューにしたいもの。

そんな理想的なクールダウンストレッチメニューに少しでも近づけるよう、まずはベースとなるメニューを新たに作ったうえで、日々の定期練習会で常に改善に努めていきたいものです!!

Comments

comments

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

多田 夏彦

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。 現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒  個人ブログはこちら