• イベント
    1月末から2月中盤にかけて3週連続30キロ走イベントを実施します
    2018年1月22日
  • SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • 練習会
    1月後半から2月後半にかけてのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2018年1月22日

SWAC四日市で実施している定期練習会において、メンバーのトレーニング強度を決める際によく使われるのは「1キロ5分」などといった走るペースによるもの。

そして「走るペース」と同様に使われる練習強度をはかる目安として言われているのが「心拍数測定」。

 

そこで今回の記事では「ランニングの際に目安としたいトレーニングメニュー別適性心拍数がどれくらいか?」という事について書かせていただきたいと思います。

 

●スポンサードリンク
 

ランニングの数ある練習メニューの中でも心拍数が上がりやすいのはインターバル走などのスピード練習。

逆にジョギングやLSD、ウォーキングなど隣の人と会話ができる余裕のある負荷で実施するトレーニングは、心拍数がそれほど上がらないトレーニングメニューであることは容易に想像できると思います。

 

そこで平常時の心拍数が60〜70の方が各ランニングトレーニングを実施する際の、おおよその心拍数の目安を見ていきますと・・・

ウォーキング・・・100〜120/分
ジョギング・・・130〜150/分
ビルドアップ走・・・140→180/分
LSD・・・120〜140/分
ペース走・・・160〜180
クロスカントリー走・・・160〜180
インターバル走・・・180
ウィンドスプリントや坂道ダッシュは考慮しなくてOK

以上のような数値となっています。(もちろん個人差はありますが・・・)

 

ランニングでは体調次第で同じペースで走っても楽に走れる日もあればかなりキツくなる日もあり、また気温やコースのアップダウン、風の向きや強さなどによっても走るペースは大きく変わってくるため、ペースだけで練習の負荷をはかるのは難しかったりします。

・・・が心拍数も一つの目安とする事で、実施したトレーニングの負荷をより正確に把握する事が可能となります。

 

普段心拍数を測定する事を練習後に把握される方は少ないと思いますが、自分の実施しているトレーニングの負荷が適正かどうかを知りたい方はかなり多いはず!

そういう方はぜひ一度心拍数を測っていただき、実施したトレーニングの負荷が適切だったかどうか確認してみて下さい!!

 

●スポンサードリンク



 

スポンサードリンク




ランニングの関連記事
  • (会員限定)Tランニング・1kmクルーズインターバルのペース目安
  • フルマラソンで結果を出すためのスピード練習「クルーズインターバル」
  • フルマラソンに向けて一度は実施したい「40kmLSD」の練習効果
  • (会員限定)Iランニング・400mインターバルのペース目安
  • スピードと最大酸素摂取量向上などの重要な効果が見込める400mインターバル
  • ランニングでの着地はミッドフッド着地が正解?
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事