• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

前回までの記事でひざの外側が痛む「ランナーひざ・腸脛靭帯炎」やひざの内側が痛む「鵞足炎」への対策について書かせていただきました。

その2つの症状はメンテナンスさえしっかり行えばOKの場合が多いですが、ひざを曲げ伸ばしすると痛む、引っかかりがありバキバキと鳴る症状が起こる「ひざ半月板損傷」はランナー生命を失う大きな故障にもなり兼ねません。

 

そこで今回の記事では「ランニングを長く続ける上で最も注意したいひざ半月板損傷になったらどうすればいいか?」という事について書かせていただきたいと思います。

半月板はひざの動きをスムーズにしたりクッションの役割を担う大事な部位ですが、ひざが内側に入るフォームの方や筋力・柔軟性不足の方、着地時にひざが伸びる方、アップダウンの多い道を走る方、走り込みなど過度の負荷をかけ過ぎた方などはその半月板を損傷する事があります。

その半月板はひざの内側と外側にあり、内側の半月板が損傷するとひざを深く曲げられなかったり内側にひねると痛む症状が、外側の半月板が損傷するとひざがピンと伸ばせない症状が出るようになります。

そうした症状が出るようであればランニングは絶対にNG、そして整形外科でMRI検査を行う事をおススメします。

 

そんな半月板損傷の症状を起こさないためには筋力不足や柔軟性不足の解消が欠かせません。

そこで半月板損傷予防のためには、太ももの前側「大腿四頭筋」や太ももの裏側「ハムストリングス」の筋トレやストレッチを定期的に実施するのがベストと言えます。

 

全てのひざ故障予防として言える事ですが、ひざまわり特に太ももの筋力をアップさせる事、そして着地時脚に負荷のかからない効率の良いランニングフォームを作る事が本当に重要。

これらは意識ひとつで必ず改善できる要素のため、日常から常に意識するよう心がけていきましょう!!

スポンサードリンク




サブトレの関連記事
  • ランニングでもまず鍛えるべき体幹部位は「腹横筋」
  • マラソンのための体幹トレーニングでまず鍛えたいインナーマッスルとは?
  • (会員限定)股関節の動きをスムーズにするための動的ストレッチメニュー詳細動画
  • (会員限定)スムーズな骨盤の動きを習得するための動的ストレッチメニュー詳細動画
  • Featured Video Play Icon
    ウォーミングアップで実施したい「骨盤周り」を動かせるようになるための動的ストレッチ
  • (会員限定)スムーズな腕振りを習得するための動的ストレッチメニュー詳細動画
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事