マラソンで筋力トレーニングが必要な理由

SWAC四日市の定期練習会では「BCTとはどんなトレーニング?」の記事でも書かせていただいたBCTをはじめ補強トレーニングいわゆる筋トレを定期的に実施しています。

ランニングで必要な筋肉を鍛えるためには、走る事が一番・・・ですがこうした筋トレを練習に加えていくとより効率的に走力を向上させていく事ができます。

 

そこで今回の記事では効率よく走力を向上させるために大切な「筋トレはランニングにおいてどうして必要か?」ということについて書かせていただきたいと思います。

マラソンを走り切るためにはムキムキの筋肉質の身体を作る必要は全くありません。

むしろ筋肉は走る際にはおもりにもなりかねないためポイントポイントを絞って、走るために必要な筋肉をピンポイントで鍛える意識が必要となってきます。

 

そこでまずマラソンを走り切るために筋トレで鍛えておきたい筋肉の代表格と言えるのが、腹筋周りを中心とした体幹の筋力。

体幹は身体の動きの全ての起点となる部分であるため、ここをしっかり鍛えておく事で走っている時の上半身の一が安定し、左右前後へのブレが少なります。

結果とした上半身の無駄な動きが少なくなるため、体力ロスの軽減が期待できるほか、また脚の故障予防にもつながっていきます。

 

そして体幹と同じく鍛えておきたいのが脚の筋肉なのですが、脚の筋肉は鍛え方を間違うと走る時には必要ない筋肉まで鍛えてしまい脚が太くなったりで、走る時のおもりにもなってしまいかねません。

そのため体幹の筋肉に比べると筋トレで鍛える必要性は低い脚の筋肉ですが、ランニング初心者の方のように基礎筋力があまりにも弱い方はちょっと走っただけでもひざまわりを中心に痛んでしまいやすくなります。

そこで初心者の方はひざ周りの筋肉を定期的に鍛えるようにしておくと故障予防のために大きな効果が期待できるほか、比較的早い段階での走力向上が見込めるようになります。

 

冒頭でも書かせていただいたとおりランニングでの筋肉は走るだけでも鍛える事は可能です。

・・・が間違ったフォームで走ってしまっていると、必要ない筋力が鍛えられてしまうだけで本来鍛えたい筋肉には何の刺激もないという可能性も否定できません。

特に初心者の方は正しいフォームを身につけるためにどうしても時間がかかるため、その正しいフォームを作るためにも体幹まわりを中心とした筋肉を鍛え、正しいフォームで走った時に使う筋肉を意識する事が大切になってきます。

 

そんな多くの効果が期待できるランニングで必要な筋トレはいつでもどこでも雨の日でも実施できるトレーニングが多くあります。

隙間時間などをうまく活用しながら筋トレを実施していく事で、効率よく走力向上につなげていきましょう!!

Comments

comments

●らんしすホームページはこちら 四日市のスポーツクラブ「らんしす」ホームページ ●スポンサードリンク
多田 夏彦

多田 夏彦セカンドウィンド四日市代表

投稿者プロフィール

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。
現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒 
個人ブログはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

まずはお気軽にご参加下さい!

セカンドウィンド四日市のtwitter

●スポンサードリンク




SW四日市のお知らせ

  1. 2017年度からのセカンドウィンド四日市の活動は、下記のように月ごとに強化ポイントを設定して、シーズ…
  2. 早いもので2017年度まで残すところあとわずか。 2017年度からのセカンドウィンド四日市の1…
  3. チーム創立7年目を迎えたセカンドウィンド四日市では、メンバーの皆さんによるより自主的なチーム運営を促…

アドバイス目次

  1. 2016-11-19

    ラントレ・メニュー別アドバイス一覧

    マラソンレースに向けたトレーニングでは、「基礎力」「スタミナ」「スピード持久力」「スピード」の4つを…
  2. 2016-11-18

    ランのためのサブトレ・メニュー別アドバイス

    マラソンの練習は走っている時だけでなく、トレーニング前の準備からウォーミングアップ、そして走り終えた…
  3. 2016-11-17

    ランニングのための食事・栄養素別アドバイス一覧

    マラソンレース、特にフルマラソン・42.195kmの長丁場を走りきるために必要な取り組みはトレーニン…
ページ上部へ戻る