東京マラソンでは36,000人ものランナーが走り、全国各地で見てみてもあっという間に締め切られる大会も続出されるなどまだまだ続くランニングブーム。

・・・ですがスポーツメーカー・デサントのサイトにこんな気になる記事が出ていました。

デサントのサイトはこちら
スクリーンショット 2014-02-26 7.09.09

 

●スポンサードリンク
 ;

「燃え尽きランナー急増中!?今年こそランニングを続けるための2つの解決策」なる見出しではじまるこの記事には1年以上ランニングを続けられたランナーは23%、そして半年以内にランニングをやめたランナーは67%に達するとの事でした。

また3日に1回など適度な頻度で走っているランナーほど継続期間が長く、走りはじめた頃毎日のように走っていた方ほど速く燃え尽きてしまい継続期間が短くなる事が書かれていました。

 

そんな調査をふまえて当サイトで挫折せずにランニングを続けるための方法として2つの方法が書かれていました。

その一つが「音楽を聴きながら走る事」

「1人で走っていると、途中で退屈になってくる・・・」という方はかなり多いと思われますが、自分の好きな音楽を聴きながらだと以外と楽しく走り続けられるもの。

また自分の走るリズムと合った音楽を聴きながら走るとペースの乱れを抑える事ができるようです!

 

そしてもう一つの方法が「適度に休みをとる事」

「3日に1回など適度な頻度で走っているランナーほど継続期間が長い」という事実からも分かるように、ランニングを継続するためには十分な休息も必要不可欠。

また初心者の段階であまり走り続けると、筋力が十分でない事もあって怪我のリスクも増える一方です・・・

そう考えると程よく休みをとることで怪我のリスクを抑えながら、またランニング以外の楽しみも見つけてうまく気分転換をしながら走り続ける事がランニングを続ける大きなポイントになってくるようです。

 

上記の方法以外にも先日の「ランニング練習日誌をつけ続けているとこんな効果が!」の記事でも書かせていただいたとおり、モチベーションを維持しながらランニングを続ける方法はいくつかあります。

そんなランニングを楽しく続けるための方法については、今後当ブログでも定期的に紹介して行きたいと思います!

 

●スポンサードリンク



 

地元のランナーとフラットにつながりませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事