夏場のランニングにNGの飲み物

先日このブログで「足つり対策に最適のスポーツドリンクは?」という記事を書かせていただきました。

夏場のランニング中には大量の汗をかき体内のナトリウムが不足しやすいため、それを補う第一候補としてスポーツドリンクを紹介させていただく記事でした。

・・・が実はスポーツドリンクは糖分などの濃度が非常に高く、そのまま飲むと身体全体への水分吸収に時間がかかってしまうため、素早い水分補給のためには水で薄めて飲む必要があるそうです。

ちなみに糖分を体内に吸収しやすい濃度の目安となるのが2.5%。

この数値からするとスポーツドリンクの代表格と言える
・ポカリスエットの糖分濃度が6.7%のため倍近い量の水
・アクエリアスの糖分濃度が5.0%のため同じ量の水

で薄めるのがベストのようです。

ちなみにスポーツドリンクだけでなく、ほかの甘い飲み物や炭酸飲料を飲むと血糖値が一気に上昇してしまい倦怠感や疲労感、そしてストレスを感じやすくなったりします。

そのうえ血糖値が上がるとのどが渇きやすくなりまた頻尿になりやすく、夏場ランニングするうえでは何一ついいことはなさそうです。

上記のような理由でランニング前そしてランニング中の飲み物は糖分を抑えたドリンクで水分補給を行うことを意識する必要がありそうです。

ちなみに四日市の自販機でよく見かけるアサヒ飲料のスーパーH2Oは

20130810_074334

最適な濃度に調整されているため、そのまま飲んで大丈夫なようなのでご参考ください!

Comments

comments

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

多田 夏彦

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。 現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒  個人ブログはこちら