• SWYからのお知らせ
    セカンドウィンド四日市・チーム創立7年目につき新規会員募集中!
    2017年10月31日
  • 練習会
    お伊勢さん以降から1月中旬までのセカンドウィンド四日市練習会の主な強化目的
    2017年12月5日
  • イベント
    1月前半の日曜イベントは超ロングの走り込み練習を実施
    2018年1月6日
  • イベント
    2018年も新年は多度参拝ランより活動をスタートしました!
    2018年1月2日

ここ数日35度を超える猛暑日が続いています。

そんな暑い日が続いてもSWAC四日市では定期練習会を実施しているわけですが、暑い日ほどランニングの際に大切になってくるのが水分補給。

そこでランニングの際に必要な水分補給についてまとめました。

1.ランニング前
250~500mlの量を一気にとるのでなく、1~2時間ほどかけてこまめにとることが体内全体に水分を効率よくいきわたらせる方法になります。

2.ランニング中
15~30分毎に1回100mlの量を目安に補給するのがベスト。
温度は自販機で冷やされる温度である5度からコンビニで冷やされる温度である10度前後が、身体を冷却させる意味でよりよい。

3.ランニング後
汗による体重減少の70~80%

そんな水分補給がうまく行えているかどうか見極める一番の方法がランニング前とランニング後の体重をはかって比べてみること。

ランニング後の体重減少のほとんどは流した汗の量

つまり身体から失われた水分の量。

ランニングのパフォーマンスは身体から水分が1~2%前後失われるだけで低下し始めるそうです。

そこでランニング前後の体重の変化で水分補給がうまくいったかを見極める目安が1%の数字。

減少幅が1%未満であれば水分補給がうまくいっていることになるそうです!

逆に2%以上であれば、水分補給の量、タイミングを見直す必要があります

ちなみに身体から水分が失われた量が
・1~2%だとのどが渇く、尿量の減少など
・3~5%だと頭痛、めまい、嘔吐など
・5~9%だと血圧・臓器血流低下
・10%以上だと下手すると命の危険
と失われれば失われるほど深刻な事態になりかねません。

そんな事態にならないよう、日本全国で40度を超えるなど例年以上の暑さを伝えるニュースが毎日のように流れる今こそ水分補給の見直しをしっかりとやっていく必要がありそうです。

・・・と水分補給の方法について書かせていただいたわけですが、当のクラブ代表はと言えば異常なほど走っていると汗をかき、暑い日のレースになると目に見えて記録が悪くなるため、「水分が失われた状態でも粘る走りができるように」とトレーニング中ほとんど水分補給を行わない無謀な行為を続けています・・・

幸い深刻な事態になったことはないのですが、クラブ代表の日常の行動を知っているSWAC四日市メンバーの方々からすれば「知っているなら自分がやれ!」と思われることは間違いなさそうです・・・

スポンサードリンク




ラン食の関連記事
  • 意外と知られていないランニング前のコーヒーが及ぼす嬉しい効果とは?
  • きついマラソントレーニングを実施した後は風邪をひきやすくなる?
  • ランニングで枯渇させたグリコーゲンを急速補充するための方法は?
  • ランナーの大敵・貧血予防のために知っておきたい「鉄」の知識
  • フルマラソンでの失速を予防するために大切な「脂質」に関する話
  • 夏場のランニング直後の体重大幅減はかなり危険、という事でその対策は・・・
セカンドウィンド四日市

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属しており、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もお気軽にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事