体を作るたんぱく質「大豆」

三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)

簡単に言うと、糖質、脂質は体のエネルギー源

たんぱく質は、身体を作るためのもの、強靭な筋肉を作るにはたんぱく質。トレーニングで破壊された筋肉や細胞を回復させたり、強い骨を作ったり、必要不可欠な栄養素です。

たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品、そして大豆製品から摂取出来ます。

どのシーズンでもたんぱく質は大切だけど、シーズンオフや、練習あんまりしてないとき(私みたいに)がっつり肉を食べるのも、どうかなと。

そうすると、せめて赤身肉とかにしますが、さらにカロリーがなくヘルシーにたんぱく質を補給できるのが「大豆」

しかも女性が好きなイソフラボン(ポリフェノールの一種で女性ホルモンに似ている、骨粗しょう症予防など)が多いし、何より脂質少なく、カロリーもほとんどない!そして味が優しいので邪魔しない。いい人過ぎる!女性は毎日意識してとってほしい。

手軽にとれる大豆食品は

豆腐!冷奴なんて洗って出すだけ。定番のネギ、しょうが、しょうゆもおいしいし。

私はゴマ好きなので、ゴマは(ビタミンミネラルたっぷり、毎日大さじ2杯はぜひとってほしい!)

*塩、ゴマ油、すりごまをかけて食べるのもおいしい!

*カットトマトと、青紫蘇などの和風ドレッシング!

納豆!そのまんまもらくちん、おいしい。冷奴にのせて、まめonまめ。

image

そのままが、苦手なら炒り卵にしたり、お好み焼きの生地に混ぜてごまかすのはどうでしょう?私は好きです♪♪

マヨネーズと納豆を混ぜ、トーストの上に載せ、とろけるチーズで焼いちゃう。

image (1)

それから、枝豆!形も可愛いし、色もきれいなので、大量にゆでたとき、全部むいて冷凍しておきます。

弁当のおかずにちゃちゃっと入れちゃう。

image (2)

枝豆の入り卵、醤油少し入れただけ。

大豆の炊き込みご飯。

image (3)

洗ったお米に、大豆の水煮か蒸し大豆と、塩と塩コンブ入れて炊くだけ。水の分量は変えなくていいです。

(私は、白米と玄米(ビタミン)と古代米(ビタミンミネラル豊富)入れてます。登山前日やレース前日消化に悪いので玄米は避けてくださいね)

image (4)

厚揚げと大豆、豚肉、こんにゃくの炒め煮。ゴマ油で炒めてから、出汁、砂糖、醤油、みりんで味付けしてます。

究極に楽チンなのは、豆乳!開けて飲む。

私は豆乳が苦手なので、それこそスムージに入れてます。

 

豆乳のコーンスープ。

image (6)

コーンクリーム缶(裏ごしのコーン)に、コンソメ、豆乳、お塩少し。

牛乳よりも、豆乳のがさらっとして甘くなります。豆乳は無調整をつかってます。

最近は、豆乳の飲料豊富ですよね。仲間のfacebookを見て、買ってみたけどまだ飲む勇気ない。

image (5)

トレーニング後に、疲労回復や筋肉修復のため30分以内に摂取すると効果的だとされてますが、

直後にすぐごはん食べたり出来ないし、どんだけ納豆が楽ちんでも、そんなときにこういう飲料飲むのもいいですね。

大豆製品は、まだまだいろんな食べ方あります。

高野豆腐、湯葉、焼き豆腐、おから、大豆発酵食品(麹やお味噌)

第2段でレポートします★

前回の記事で紹介させていただいたお料理作ったよ!と仲間から写真付きで報告もらいました。すっごく、すっごくうれしいです。つたない文章で、分かりづらいこともあるかと思います。ごめんなさい。経験積んで、上手になります!!読んで頂いてありがとうございます。)

Comments

comments

コメントを残す