今日6月15日のSWAC四日市日曜練習は、サッカーワールドカップ日本代表の初陣コートジボワール戦が開催されている最中、名古屋市までプチ遠征して東山公園+平和公園のダブル「一万歩コース」にて実施しました。

IMG_0931

そんな今日の練習場所の一つとなった東山公園は、名古屋市のトレイルラン入門コースとして有名なコース。

IMG_0935

 

コースの途中には星ヶ丘などの街並を一望できるところもあれば

IMG_0937

クロスカントリーコースのように不整地を走れるところもあり

IMG_0939

昨日の南部丘陵公園でのヒルトレーニングを彷彿とさせるような階段道もあり

IMG_0945

さらには東山公園のシンボルとも言える「スカイタワー」を見上げながら走れるところもありと

IMG_0950

本格的なトレイルランを楽しむ事ができると当時に、市街地のロードコースも走れるかなりバリエーションに富んだランニングを楽しめるコース。

 

そして平和公園は東山公園に比べるとフラットなコースで、途中には地上40メートル(標高120メートル)からの展望を楽しめるアクアタワーがあり、休憩ついでに名古屋市の景色も一望してきました。

IMG_0957IMG_0954

 

そんな変化にとんだ景色を楽しみながら走った距離は約14キロ。

途中には起伏もあり、階段もあり、暑さもありとキビシい箇所もありましたが、めまぐるしく景色や地形が変わるコースのおかげで、走っていても飽きる事は全くなく、あっという間に時間が過ぎていくのを感じました!

 

SWAC四日市の夏場の日曜練習は木陰が多く、変化に富んだ地形を走れる山道コースを中心にスケジュール組みを考えています。

山道コースでの練習はレース本番に向けたアップダウン対策になる事はもちろん、初心者の方にとっては歩いても基礎体力がじゅうぶん強化できるため、レースシーズンに向けた土台づくりに最適。

今年の夏は山の景色の変化を楽しみながら、長時間飽きずに走る事ができる山道練習を定期的に取り入れて事で、夏場の暑さを楽しく乗り切っていきたいものです!!

 

●スポンサードリンク



 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事