夏場のシーズンに記録を狙うようなレースに出場される方はかなり少なく、自分の走りを一から見直すには6月は最適のシーズン。

そんな今の時期にやっておきたい事の一つに、ランニングフォームの改善があります。

a0003_001659_m

 

●スポンサードリンク
 

ヒトによって筋肉のつき方も違えば、骨格もそれぞれのため、「誰もがこのフォームで走れば間違いない」、そのような万国共通フォームは存在しません。

ですが走るフォームをつくっていくうえで、抑えておくべきポイントはいくつかあります。

そのポイントからずれた走りを続けてしまっていると、思わぬ体力ロスにつながる事はもちろん、下手すると大きな怪我や故障などの大きな要因となってしまいます。

 

そんなポイントを抑えて自分が走れているかを確認するための一番の方法が、自分が走っている姿を動画で撮影してみる事。

IMG_0872

動画に映っている自分の姿を、第三者的な目線で見てみると、今まで気づかなかった自分の走るクセや欠点などに気づくはずです。

また場合によっては、イメージしていた自分の走りとのギャップに、思わず凹んでしまう時も・・・

 

ただレースシーズンからいったんお休みに入る6月は、そんな自分の走りの欠点を見直すには最適のシーズン。

自分の走り慣れたフォームを修正する事は、大きなリスクもあり、下手するとパフォーマンスの低下にもつながりかねません。

それが一時的な事であれば何の問題もありませんが、長引くようであれば、再度修正するまでにだいぶ時間がかかってしまう可能性もあり、そうなると目もあてられません。

ですがオフシーズンに入ったばかりの6月であれば、時間に余裕を持ってフォーム改善に取り組む事ができます!

 

特に自分の走りのクセや欠点が出やすいのは、スピードを上げて走っている時と、疲れてバテてしまっているとき。

この2つは故障をしてしまう可能性が最も高い時でもあり、この時間帯のランニングフォームを改善できれば、怪我や故障のリスクを大きく軽減する事にもつながります!

またこの時間帯の走りの中で、自分の無駄な動きに気づく事ができれば、レースでのパフォーマンス向上につながる可能性もかなり高くなります。

 

そんな多くの効果が見出せる、ランニングフォーム改善のためのランニング動画撮影。

SWAC四日市では6月、7月の2ヶ月を特に「ランニングフォーム改善期間」として、トラック練習時を中心にメンバーのランニング動画撮影を定期的に実施していこうと考えています。

動画を撮影されている時や自分が走っている動画を自分で見るというのは、結構気恥ずかしかったりもしますが、今の自分の走りの現状を把握するには、動画撮影は最適の手段。

レースシーズンがいったん終わって、気持ちにゆとりのできやすい今こそ、自分の走りを一から見直してみましょう!!

 

●スポンサードリンク



 

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事