SWAC四日市では7月20日(日)・21日(月・祝)の2日間、長野県大町市の鹿島槍において夏合宿を開催しました。

IMG_1443

 

●スポンサードリンク
 

三重県四日市から車で約5時間程かけてたどりついた鹿島槍。

そんな鹿島槍で実施した合宿初日の、最初の練習コースは「白馬クロスカントリー競技場」。

IMG_1325

このコースは長野オリンピックのクロスカントリースキー競技会場として使用されたコースで、冬場のクロスカントリースキーやスノーシューはもちろん、夏場はウッドチップが敷き詰められたクロカンコースとしてランニングでも使用できるコース。

まずはアップダウンも程よくあり、景観も美しいこのコースで、2時間クロカン走でじっくりと走り込みを行いました。

IMG_1343

IMG_1347

IMG_1349

IMG_1352

IMG_1353

クロスカントリー走を行うメリットとしては、不整地の不安定な足場を走る事によるバランスのとれた走りを身につける事や、アップダウンを走る事で心肺や脚筋力を効率よく鍛えられる事などにあります。

また日常とは異なる自然豊かな景色を背景に走れる事で、精神的にもリラックスできる状況をつくる事ができます。

前日よりあいにくの雨予報だった合宿初日の20日(日)ですが、運良く時折晴れ間ものぞく中、オリンピックでも使用されたコースで本当に気持ちよく走る事ができました!

 

そして2時間クロカン終了後、1時間程休憩した後は宿泊地となった「鹿島槍スポーツヴィレッジ」付近を30分程夕ジョグ。

予想以上に傾斜のきついロードコースを下って、登っての夕ジョグとなりましたが、最後に心肺と脚筋にしっかりと刺激を入れた状態で、合宿初日を終える事ができました!

 

そして練習終了後には、なかなかオシャレな佇まいの鹿島槍スポーツヴィレッジで、入浴したり、かなりガチンコで卓球したり(?)としっかりと休息。

そして夕食はバーベキュー。

IMG_1398

そしてその後は2次会も開催してと、メンバー同士の懇親もしっかり深められたところで、合宿初日は特に大きなトラブルもなく無事終了しました!

 

今回の夏合宿の主な練習目的は、ランニングのための基礎体力と持久力のある足づくりの2つ。

初日はアップダウンも程よく配置され、景観も美しい山の中でじっくりとその2つを強化する事ができました。

 

そして2次会で少し飲み過ぎ、明日の練習までに復調できるか少し不安も残るメンバーもいる中、合宿は2日目に突入する事となりました。

その2日目の様子については、次回記事にて紹介させていただきます!!

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事