SWAC四日市・鹿島槍夏合宿2日目

7月20日(日)・21日(月・祝)の2日間にわたって開催されたSWAC四日市・鹿島槍夏合宿2日目。

夏合宿初日の様子についてはこちら

IMG_1417

 

●スポンサードリンク
 

夜に降っていた雨はきれいに上がって、晴れ間ものぞく中朝練習は6時より集団ジョギング・・・のはずでしたが、女性陣はかなり早起きされてかなり早い時間帯から各自でジョギング&ウォーキング。

そして前日の夜飲み過ぎた男性メンバーの一部は起きて来れずと、例年と変わる事ないバラバラかつグダグダの朝練習でしたが、終了後の朝食は全員がバイキング形式のメニューをがっつり完食。

 

そして合宿2日目のメイン練習は、鹿島槍スポーツヴィレッジから小熊山まで往復約15キロのトレラン練習+α。

IMG_1446

今回メンバーが走ったコースは、ロードコースと山道がバランスよく配置された本当に気持ちよく走れるコース。

IMG_1452

 

山道からは美しい景色も時折拝む事ができ、メンバーによっては猿などの野生動物、さらには小熊を見てしまったというメンバーも・・・

IMG_1457 IMG_1459 IMG_1471

3時間の時間を取って実施したトレラン練習でしたが、メンバーの中には30キロを軽く越えて走り切ったメンバーもいらっしゃったりと、景色を楽しみつつじっくりと走り込む事ができました!

 

そして練習終了後は、近くのレストランでメンバー揃っての最後の食事。

IMG_1478

こうしてクロスカントリー走、かなり傾斜のきつい坂道でのジョギング、そしてトレラン練習とアップダウン豊富なコースで実施された鹿島槍夏合宿は無事終了する事となりました。

 

今回の夏合宿の主な目的は、ランニングのための基礎体力と持久力のある足づくりの2つでしたが、キツいながらも鹿島槍の程よい気候と美しい景観のおかげで、メンバー全員が心折れる事なくじっくりと走り込む事ができ、十分すぎる程にその目的は達する事ができました!

そんな合宿終了と時を同じくして、どうやら梅雨も明けた気配。

これからますます暑い日が続きそうなシーズンですが、今回の合宿で養った基礎体力をベースに、秋のレースシーズンに向けてさらなる土台づくりをしっかりと行っていきたいものです!!

Comments

comments

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

多田 夏彦

陸上経験なしからランニングを始め1年半でサブスリーを達成。 現在は市民ランナーとして福岡国際マラソン出場権を目指して日々練習を続けるとともに、ランニングコーチとしてメンバーと目線を合わせた、分かりやすい指導を心がけています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒  個人ブログはこちら