SWAC四日市では9月13日(土)・14日(日)の2日間、静岡県島田市において秋合宿を開催しました。

IMG_2836

 

●スポンサードリンク
 

今回の秋合宿の一番の目的は長い距離・時間を走り込む事によるスタミナ強化と脚づくり。

・・・というわけで合宿は13日(土)の初日から、到着早々に早速30キロ走からスタート。

IMG_2628

今回の秋合宿の練習コースとなった「リバティ」は、全国初のマラソン専用コースで、500mごとに写真のような距離表示がなされています。

IMG_2630

そして全コースに、カラー舗装がなされていました。

IMG_2656

この「リバティ」、10月末に開催される「しまだ大井川マラソンinリバティ」のレースコースにもなっていて、コースは直線が多く、アップダウンもほとんどなくフラットでかなり走りやすいコース。

・・・のはずなのですが合宿初日となった13日(土)は30度までは到達しなかったもののかなり暑く、しかもコースには日ざしをさえぎるものがほとんどなく日光をもろに浴びるキビシいコンディション。

加えてクラブコーチが給水ポイントの設置に失敗したことで、メンバーの皆様は給水もなかなか摂れず、より過酷なコンディションに追い込まれる事に・・・

さらに「リバティ」のコースはウレタン舗装されている箇所もあるものの、接地感がかなり固く、着地衝撃もアスファルトに比べると少しきつめ。

そんな過酷なコンディションに苦しめられ途中でバテてしまったり、足を少し痛められたメンバーもいらっしゃいましたが、フルマラソン目標ペースを意識しながら26〜30キロの距離を走り切って、秋合宿最初かつ最も過酷な「30キロ走」は終了しました。

IMG_2644

 

そして練習終了後は、島田市の観光名所の一つである「蓬萊橋」をウォーキング。

IMG_2666

大井川にかかる蓬萊橋は全長897.4m、通行幅2.4mのレトロな雰囲気漂う木造歩道橋で、1997年に「世界一長い木造歩道橋」として認定されているそうです。

IMG_2739

この蓬萊橋、いざ歩いてみるとかなり長く感じ、2キロ足らずの距離ではありましたが、疲労抜きのウォーキングとしては十分な距離を歩いて、1日目の練習は終了しました。

 

そして練習終了後は今回お世話になった宿泊先・「ホテル割烹 三布袋(さんぷてい)」さんへ。

IMG_2791

島田駅近くの好立地、そして写真を撮り忘れましたが客室も十分な広さ。

しかも3食付きでなんと7,000円。

・・・でしたが、夕食のメニューは写真のとおりかなり豪華!

IMG_2774

さらに夕食後には、はるか遠方の秋田のある農業経営者の方からご厚意で差し入れいただいた「りんご」を美味しくいただき、メンバーの皆さんも練習の疲れもスッキリといやす事ができました!

IMG_2771

こちらの「秋田のりんご」、これからいよいよ本格的にスタートするレースシーズンにおいて、SWAC四日市の大きな武器となっていただけそうです。

その詳細については、後日あらためて紹介していきたいと思います。

 

こうしてよく走り、よく食べ、よく飲んだSWAC四日市の秋合宿1日目は、翌日も朝練からスタートのため、少し早め(?)に10時半頃解散。

そして秋合宿2日目に備える事となりました。

その2日目の様子については、次回記事にて紹介して行きたいと思います!!

 

SWAC四日市静岡島田市秋合宿2日目の様子はこちら

仲間たちと楽しく真剣に走りませんか?

セカンドウィンド四日市は三重県四日市市に拠点に活動するランニングチームです。

セカンドウィンド四日市では20代前半から60代の方まで幅広い年齢層のメンバーが所属していて、マラソンレースでの目標達成という共通の目標に向かって練習を続けています。

練習日は火・木・金曜夜と土曜午前で、日曜日にはチームでのイベントも不定期で開催しています。

年齢や走力に関係なくフラットなつながりが一番の売りのチームですので、初心者の方もまずはお気軽に無料体験にご参加いただければ幸いです!

おすすめの記事